ソフトバンクが「クラウドサイン」「クラウドサイン NOW」の販売を開始。

PR TIMES / 2019年11月11日 17時35分

拡販スピードを加速し、電子契約の普及を実現

弁護士ドットコム株式会社(東証マザーズ6027、東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)は、ソフトバンク株式会社が、日本初の Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」( https://www.cloudsign.jp)及び、対面型クラウド申込み・契約サービス「クラウドサイン NOW」( https://now.cloudsign.jp/)の販売を開始したことをお知らせします。



[画像: https://prtimes.jp/i/44347/32/resize/d44347-32-707894-0.png ]


クラウドサインは、契約書の作成から締結、保管までクラウド上で完結できる電子契約サービスです。従来、書面で契約締結する際に発生していた郵送代や紙、インク代などのコストを削減でき、契約締結を簡単かつスピーディーに行うことができます。導入企業数は サービス開始から4年で50,000社を突破し、国内シェア80%以上を獲得しています(※)。
 
また、2019年9月より提供を開始した「クラウドサイン NOW」はタブレットを利用し、契約・申込みが対面で完結できるクラウド契約サービスです。申込書や契約書をタブレットに置き換えるだけで、顧客情報、契約情報をデータ化し、管理することができます。

今回の取り組みにより、ソフトバンクが持つ広い販路を通じて、「クラウドサイン」、「クラウドサイン NOW」の販売体制をより強化してまいります。

ソフトバンク株式会社: https://www.softbank.jp/biz/cloud/saas/cloudsign/

※電子契約サービス主要12社において、有償・無償を含む発注者側ベースでの利用登録社数
(株)矢野経済研究所調べ 2019年7月末現在


■今後の展開
今後も、クラウドサインの販路拡大やクラウドサインと連携するサービスを拡大し、強固なパートナーシップの拡充およびエコシステムを構築してまいります。これにより、クラウドサインの普及を加速させ、電子契約によって契約に関する業務を簡単、便利に行える社会を実現してまいります。


弁護士ドットコム株式会社について  https://corporate.bengo4.com
本社   | 東京都港区六本木四丁目1番4号
設立日 | 2005年7月4日
資本金 | 439百万円(2019年9月末現在)
代表者  | 代表取締役会長 元榮 太一郎(弁護士)
       代表取締役社長 内田 陽介
上場市場 | 東京証券取引所マザーズ市場
事業内容 |「専門家をもっと身近に」を理念として、人々と専門家をつなぐポータルサイト「弁護士ドット
       コム」「ビジネスロイヤーズ」「税理士ドットコム」、Web完結型クラウド契約サービス「クラ
       ウドサイン」を提供。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング