化粧品OEM:オリジナル化粧品受託製造のシーエスラボが、これまで培ってきたスキンケア処方をヘアケア製品に積極活用

PR TIMES / 2012年11月28日 10時42分

シーエスラボは、スキンケア製品の分野で培ってきた処方をヘアケア製品に積極的に活用スタート。
肌と髪を同列の「スキンケア」と考える現代女性のニーズ、いまどきのコンセプトに答えた商品設計として好調だ。
こうした商品が求められる背景は、「ノンシリコン」「香り」という2つのキーワードから浮き彫りになると分析した結果だ。
 以下、現在のマーケットを紹介しよう。




1. 3人に1人が「ノンシリコン」を基準に購入
 
 最近のヘアケア製品市場におけるもっとも有効なキーワード。それが「ノンシリコン」だ。

シリコンが蓄積すると、髪や地肌に負担をかけるという理由から、シリコン無配合をうたうヘアケア製品が、

男性の薄毛対策用シャンプーを皮切りに台頭し、現在は女性用も含めて市場を席巻している。
 では、実際に一般消費者はシャンプーを購入するとき、どれほど「ノンシリコン」を意識しているのだろうか。

それがよくわかる興味深いアンケート結果が出ている。
 2012年10月、社団法人日本シャンプー分析協会が自社で運営している『Dr.シャンプー』(シャンプー評価・解析サイト )の

メール登録者に対して「何を基準にシャンプーを選ぶか」を尋ねたところ、535名から次のような回答が得られた。
 
 1位 「価格」64%
 2位 「頭皮にマイルド」38%
 3位 「シリコン無配合」33%


 ノンシリコンをシャンプー購入の決め手にしている人の割合は3人に1人。非常に高い割合といえる。

この結果について、日本シャンプー分析協会はインターネットを通して、「洗浄力の強い石油由来のシャンプーは頭皮に良くない」、

「シリコンは頭皮に悪影響を及ぼす」といった情報が流布しているためと分析している。ノンシリコンは、

情報の伝達速度が早いネット時代ならではの有力キーワードといえるだろう。


2. 香りも決め手に 

 「香り」も有力なキーワードだ。「良い香りに包まれたい」「髪を洗いながら香りで癒されたい」という志向が強まっているのである。
 インターネットのマーケティング会社・マイボイスコム2011年7月に実施した調査によれば、シャンプー購入時に女性が重視する点は、

1位「価格」、2位「髪質に合う」に続いて、「メーカー・ブランド」「香り」が続いた。
 弊社への依頼でも、「ノンシリコンの処方にしたい」という依頼に加えて、「この香りを使用したい」と

具体的な精油を指定されるケースが最近、目立って増えている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング