『キッズケータイ HW-01D』が累計販売台数100万台を突破

PR TIMES / 2014年6月5日 11時0分



世界有数のICTソリューション・プロバイダーである華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)が開発し、2012年9月より株式会社NTTドコモから販売されている『キッズケータイ HW-01D』が、2014年5月下旬に累計販売台数100万台を突破しました。

「ファーウェイは、独自性の高い日本市場の発展に注力して参りました。日本特有のセグメントである未就学児~小学校低学年を対象にした『キッズケータイ HW-01D』は、日本市場だけのために開発されました製品であり、この度、日本のお客様から高い評価を得たことを非常に嬉しく思っています。今後も、世界のデバイス市場をリードするICTソリューション・プロバイダーとして、優れたユーザー体験を提供する、革新に満ちた質の高い製品を日本に展開して参ります」と、ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループCEO リチャード・ユー(Richard Yu)は述べています。

「真にローカルニーズを満たすには、現地の市場ニーズを知り尽くしたパートナーの存在が欠かせません。この度、NTTドコモ様の安心、安全なモバイル社会の実現というビジョンのもと、共に取り組んで参りました『キッズケータイ HW-01D』の販売が100万台突破というかたちで実を結んだことを非常に嬉しく思います。この実績を足がかりに、ファーウェイは、さらなる日本市場の発展に貢献して参ります」と、デバイス プレジデント ゴ・ハは述べています。


<『キッズケータイHW-01D』>


子どもの安心・安全のために絞られた‘通話’‘防犯ブザー’‘GPS’機能を搭載。防水(IPX5/7)・防塵(IP5X)*1対応に加え、強化プラスチックウィンドウと傷がつきにくい硬度9H*2のスーパーハードコーティングを液晶部分に採用し、高い耐久性を実現しました。丸みを帯びたフォルムが特長の本体は、イエロー・ブルー・ピンクの3色展開です。

『キッズケータイHW-01D』は、世界で権威のあるデザイン賞「レッドドット・デザイン賞:プロダクトデザイン2013」honourable mentionを受賞。また、‘子どもが安全に暮らす’‘子どもが感性や創造性豊かに育つ’‘子どもを産み育てやすい社会をつくる’ための製品・空間・サービスで優れた商品に贈られる「キッズデザイン賞2012」にも評されました。日本PTA全国協議会推薦商品、9都市県市推奨、全国子ども会連合会推奨商品です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング