クリーク・アンド・リバー社 来夏公開の映画 「少年H」 の制作を受託 ~原作は妹尾河童氏による340万部のミリオンセラー~

PR TIMES / 2012年5月23日 11時34分

 コンテンツの企画制作プロデュース事業、クリエイター・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広)は、2013年夏公開予定の劇場用映画『少年H』の制作を株式会社テレビ朝日が組成する「少年H」製作委員会より受託しました。

 メガホンを執るのは日本映画界を代表する巨匠、降旗康男氏。主演の水谷豊氏が父親役を演じ、水谷氏の妻で女優の伊藤蘭氏が少年の母親を演じる“夫婦共演”が話題となっており、公開前より注目を集める作品です。

【原作:小説「少年H」について】
1997年に刊行された作家・妹尾河童氏による自伝的小説。昭和初期の神戸を舞台に、「H(エッチ)」と呼ばれた好奇心旺盛な少年・肇が、父母や周囲の人たちの愛に包まれながら、明るく逞しく生きていきます。上下巻で合計340万部超を売り上げるベストセラーであり、中学の国語の教科書や高校の試験問題に取り上げられるなど、幅広い世代に読まれています。

 当社は、「クリエイティブの力により豊かな社会を実現する」ことを理念に、国内外の多様なクリエイティブ活動に携わっております。今般の案件により、クリエイターの活躍の場をさらに拡げ、また良質な作品を生み出すことで、豊かな社会の実現に貢献してまいります。


◆劇場公開映画「少年H」 作品詳細
 原作:妹尾 河童 「少年H」
 監督:降旗 康男 ・・・「鉄道員」「あなたへ」
 脚本:古沢 良太 ・・・「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズ
 出演:水谷 豊 伊藤 蘭 他
 製作:「少年H」製作委員会
 制作:(株)クリーク・アンド・リバー社
 配給:東宝


本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部 杤尾 有紀 tochio@hq.cri.co.jp
TEL:03-4550-0008 FAX:03-4550-0018  URL:http://www.cri.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング