全国初! 「広島県がんよろず相談医」始動!

PR TIMES / 2012年11月13日 10時29分



 広島県は,新たながん対策「広島県がんよろず相談医」の活動を,広島県医師会とタッグを組んで行うこととし,11月7日に県医師会と協定を締結しました。

 この活動は,県民に身近な「かかりつけ医」を「広島県がんよろず相談医」に認定し,治療などで医療機関を訪れた患者に対し,診療の合間にがん検診の受診勧奨を行ったり,がん医療に関する相談を行ったりするもので,全国で初めての取組です。
 この取組を通して,県民がどこに住んでいても,がん検診を適切に受診してもらうとともに,最適ながん医療に繋げていくことを目指しています。
 県は,県医師会へ委託して研修を実施し,研修修了者を「広島県がんよろず相談医」として認定します。認定されたドクターには,院内掲出用の認定プレートが交付されます。

【相談医の役割】
(1)がん検診の受診勧奨
(2)がん医療等に関する情報提供・相談
(3)広島がん医療ネットワーク(拠点となる病院等)への紹介・連携

【事業の流れ】
(1)市郡地区医師会を通じて希望者募集
(2)研修会を実施(11月14日以降順次開催)
(3)修了証・認定プレートを交付
(4)相談医の公表,サポート開始(平成25年3月1日からを予定)

■問合先
 健康福祉局がん対策課
 電話 082-513-3063
 fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング