オールフラッシュ構成のDDN SFA(R) 7700 が、日本テレビ放送網のテレビ番組制作を加速、効率化

PR TIMES / 2014年11月13日 12時41分

1台のアプライアンスで最高8本の非圧縮フル HD ストリームに対応、番組制作で重要性の高まる、迅速で高クオリティなCG 制作をサポート

DDNは日本テレビが、テレビ番組制作に用いる共有ストレージとして、DDNの大容量高性能ストレージシステム、SFA(R) 7700を導入したことを発表しました。



2014年 11月 13日

ニュース

・ DataDirect Networks, Inc. (DDN) は本日、関東広域圏においてテレビ放送を中心とした、放送・メディア事業を展開する日本テレビ放送網株式会社 (本社:東京都港区) が、テレビ番組制作に用いる共有ストレージとして、DDNの大容量高性能ストレージシステム、SFA(R) 7700を導入したことを発表しました。

・ 日本テレビ放送網では、番組制作において、迅速、かつ、クオリティの高い CG 制作がますます重要性を増しており、フル HD ストリームを複数並行処理が可能な機器を含むシステムの構築が、業務の効率化という観点から大きな課題となっていました。

・ このため、日本テレビ放送網は DDN の高性能ストレージ SFA(R) 7700 をオールフラッシュで構成し、新たな高速共有ストレージシステムとして導入しました。新システムは最高で8本もの非圧縮フル HD ストリーム処理(非圧縮4K/60Pストリーム1本相当)に対応し、従来のディスクレコーダー・ベースとは比較にならない業務効率と処理スピードを提供します。また大容量化したフラッシュにより、このストレージシステムでは、24時間分相当の非圧縮フル HD データを保管することが可能です。

・ 業務や番組ごとに分散していたストレージは新ストレージに統合され、スペースや運用コストを大きく削減すると同時に、番組制作のワークフローを大きく効率化します。

・ 2014年春の番組改編では、夕方のニュースの開始時間が1時間早まったにもかかわらず、DDN ストレージの導入により、業務の生産性、CGの品質をさらに向上させることができました。新システム導入により、限られた時間内でより多くのトライ・アンド・エラーが可能となり、また製作中にも集まる新たな情報を元にした、よりリアルなCG制作が実現しました。報道番組における裁判のニュースでは、法廷内の被告人や関係者の実際の様子をCGへ反映させ、事件・事故のニュースでは最新の警察発表や目撃証言を元にした視聴者にわかりやすいCGの制作が可能となったこと、などが具体的な導入効果として挙げられます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング