【桃太郎が超めんどくさい家来たちに四苦八苦】リーダー必読の新刊『労働法のキモはすべて「桃太郎」が教えてくれる。』が発売!

PR TIMES / 2013年5月10日 15時11分

中経出版

株式会社中経出版(東京都千代田区)は、2013年4月26日に、リーダー・マネジャー向けのストーリー仕立ての書籍『労働法のキモはすべて『桃太郎』が教えてくれる。』を刊行いたしました。



▼ 「無知」はリーダーの罪。部下を一人でも持ったら、まず押さえるべき知識がある


係長、課長、部長……この春から新たにリーダーになった方も多いだろう。


マネジメントをする人間にとって重要な素養は、「人を引っ張るリーダーシップ」「数字に強い」などたくさんあるが、ついつい見落とされがちなのが「人を使う」ときの法律的な知識。たとえば、「残業ってどこまでさせられるの?」「始業時間前に朝礼をしたら『労働時間』に入る?」「超繁忙期に部下が有給休暇を取りたいと言ってきたらどうする?」といったことに、あなたは即座に答えられるだろうか。

リーダーである以上、いざトラブルが起こったとき、「知らなかった」では済まされない。「こう働かせると法律違反になる」という最低限の知識は押さえておかなければならないのだ。

実際、厚生労働省が発表している、労働基準監督署などへの個別労働紛争の「総合労働相談件数」は、なんと年間110万件にも達している。この数字を見れば、仕事をする中で、いかに労働関係のトラブルが多いかがわかるだろう。

そこで本書では、日本人なら誰でも知っている『桃太郎』のストーリーを使い、「部下を一人でも持ったら知っておかなきゃならない労働法の知識」を、圧倒的にわかりやすく解説。


ぴりっとオトナの笑いのエッセンスをきかせたストーリーで、マネジャーにとって必須の知識が1時間で頭に入る一冊となっている。


▼ 「採用」「残業」「産休」「有給休暇」など、笑って知識が身につく14のストーリー


【本書のあらすじ】

昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へ柴刈りに…(中略)…その子を「桃太郎」と名づけ、大切に育てました。

柴刈りで生計を立てていたおじいさんのために、桃太郎が電動柴刈り機を開発しましたが、これが大ウケ。
実は「やり手」のおじいさんの手腕で、みるみるうちに事業は拡大。おばあさんも経理部長としておじいさんを支え、有力ベンチャー企業に成長しました。
おじいさんは、面倒なことは桃太郎に任せたいからと「お飾り社長」にまつり上げ、自分は悠々自適に会長職をこなしていました。

そんな矢先、代金が未回収のままの大口取引先「鬼ヶ島商事」が、中小企業をだまして契約させ、「商品強奪」「代金踏み倒し」を行う極悪企業だったことが発覚。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング