サンディスク、優れたサプライチェーンへの取り組みで高評価

PR TIMES / 2014年7月2日 12時13分

サプライチェーンの向上とその役割を高めてきた活動が認められ、Gartner社のSupply Chainnovators ProgramとJDAソフトウェア社のReal Results Awardを受賞

2014年6月24日(カリフォルニア州ミルピタス発)-フラッシュストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ:SNDK)は、これまでに企業と顧客に大きな影響を与えてきたグローバルサプライチェーンを革新する取り組みが評価され、「2014年Gartner Supply Chainnovators(TM)」リサーチレポートおよび「2014年JDA Software Real Results Award」の2つの賞を受賞しました。

サンディスクの国際業務担当シニアバイスプレジデントのマニッシュ・バーティアは次のように語っています。「30年近くにわたり、サンディスクがフラッシュストレージソリューションの分野において信頼されるリーダーであり続けてきた主な理由として、エンド・ツー・エンドの垂直統合型ビジネスの実践や卓越したサプライチェーンへの取り組みがあります。サンディスクの優れたサプライチェーンは、基礎となるオペレーションズリサーチ(OR)、先進の最適化計画システム、強固な製造実行システムの上に成り立っています。サンディスクが毎日約200万の製品を出荷しながら世界トップレベルのサービスを法人・個人のお客様にお届けできるのも、これらのシステムをうまく活用できているからといえるでしょう」

サンディスクの先進的な製品やソリューションは世界の大手データセンターで採用されているほか、スマートフォン、タブレット、PCにも使用されており、世界各国の小売店で多数の製品が販売されています。

サンディスクでは近年、同社のサプライチェーン業務の応答性と一貫性をさらに高めるべく、さまざまなプロセスを導入し、成果を上げてきました。2013年度はデイリーベースのエンド・ツー・エンドのサプライチェーン商品計画・補充サイクルの採用、丹念に練り上げた生産および在庫の延期戦略により、サンディスクの安全在庫や納期遵守率等の指標は10%以上改善され、当初納期日での納入率が95%を超えました。その結果、同社の確定生産計画期間が短縮され、顧客に応じて高度にセグメント化されたサービスを世界中に提供できるようになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング