グローバル人材会社ヘイズ・ジャパン【求職活動とソーシャルメディアに関する調査結果】転職活動を成功に導くソーシャルメディア活用術

PR TIMES / 2014年8月28日 14時52分

ソーシャルメディア・プロフィールの更新頻度、調査対象5ヵ国で日本がトップに

【2014年8月28日】グローバル人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、求職活動におけるビジネス向けソーシャルメディアの利用実態に関する調査を行い、本日その結果を発表しました。



今回の調査はアジア5ヵ国(日本、中国、香港、シンガポール、マレーシア)、438人を対象に、CVと呼ばれる一般的な履歴書・職務経歴書と、LinkedInをはじめとするビジネス向けソーシャルメディアのプロフィールの更新頻度を比較したものです。

調査結果によると、全体の42%が「履歴書を更新する回数の方が多い」と回答したのに対し、30%が「ビジネス向けソーシャルメディアのプロフィールの更新頻度の方が多い」と回答しました。「両方を同じように更新している」という答えた人も27%にのぼりました。

国別でみると「両方を同じように更新している」人の割合は、中国が38%、シンガポールとマレーシアがいずれも29%、日本が27%、香港が25%でした。一方で、「頻繁に更新するのはビジネス向けソーシャルメディアのプロフィールだけ」と回答した人の割合は、日本が最も高く(30%)、次いで香港(27%)、中国(25%)・シンガポール(25%)、マレーシア(20%)と続きました。

特筆すべきは「日本で求職活動をしている人の4人に1人以上(27%)がビジネス向けソーシャルメディアで自分のプロフィールを作成し、定期的に更新している」と回答している点です。ビジネス向けソーシャルメディアは日本国内でまだまだ定着していないものの、活用している求職者はプロフィールを頻繁に更新しているようです。

2011年10月にLinkedInが日本語対応サービスを開始してから3年以内、国内での利用者数が100万人程度に留まっていることをふまえると、この結果は非常に興味深いことです。一般的に、日本人は控えめな性格で、積極的に自分の能力をアピールすることがあまり得意でないとされています。しかし、求職活動におけるビジネス向けソーシャルメディアの役割は確実に認知されつつあるようで、オンラインプロフィールを作成する求職者は増加しているようです。

ヘイズ・ジャパンのリージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソンは、次のように述べています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング