米フォーブスのアジア版が発表するアジア企業ベスト200に選出

PR TIMES / 2014年9月26日 15時57分

国内最大級のショッピング・オークション一括検索・比較サイト「オークファン(aucfan.com)」を運営する株式会社オークファン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:武永修一、以下、「オークファン」)は、米国の経済誌「フォーブス」のアジア版が発表する、アジア太平洋地域の売上高10億ドル以下の優良企業を対象とした「FORBES ASIA’S200BEST UNDER A BILLION」に選出されました。



■日本国内から15社が選出「FORBES ASIA’S200BEST UNDER A BILLION」
この度オークファンは、アメリカの経済誌「FORBES」のアジア版である「FORBES ASIA」が毎年選出する、「FORBES ASIA’S200BEST UNDER A BILLION」に選出されました。今年度はベスト200社の内、当社を含め下記の15社の日本企業が選出されました。


エイチーム(Ateam)
オークファン(Aucfan Co.)
コロプラ(COLOPL)
ユーグレナ(euglena)
ファンコミュニケーションズ(F@N communications)
フィスコ(Fisco)
地盤ネット(Jibannet)
ジェイアイエヌ(Jin Co.)
北の達人コーポレーション(Kitanotatujin)
リブセンス(Livesense)
エムスリー(M3)
モバイルクリエイト(Mobile Create)
マネースクウェア・ジャパン(Money Square Japan)
日本M&Aセンター(Nihon M&A Center)
日創プロニティ(NISSO Pronity)


選出企業フルリスト
http://www.forbes.com/asia200/

■「FORBES ASIA’S200BEST UNDER A BILLION」とは
アジア太平洋地域を代表する売上高10億USドル未満の上場企業の中から、米国の経済誌「FORBES」が選出する、過去3年間に渡り堅実な収益性と成長性を維持している優良企業200社に贈られるものです。
今年度は、対象となった500万ドルから10億ドルの売上を計上している上場企業のうち、一次審査で17,000社、二次審査でおおよそ885社が選出されています。


当社では今後もユーザーが便利に楽しめるサービスの拡充および品質向上に取り組むとともに、オークション市場の活性化や経済発展の一助となるサービスを随時提供してまいります。


■オークファンについて
国内外のオークション・ショッピングサイトを一括で検索することが可能な「aucfan.com」を始め、「オークファン仕入れモール」や「楽市楽座」の運営を中心とするインターネットメディア事業を行っており、オンラインとオフラインの垣根を越えた流通を生み出すことで、循環型消費社会の提案をしています。

会社名:株式会社オークファン
代表者:代表取締役 武永 修一
創業:2007年6月
資本金:6億4,947万円※2014年3月末現在
従業員:42名(インターン含む)※2014年3月末現在
住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂一丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル6階

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング