ネット宅配クリーニング「リネット」、「日本サブスクリプションビジネス大賞」スポンサー賞を受賞

PR TIMES / 2019年12月10日 22時55分

 株式会社ホワイトプラス(本社 東京都品川区、代表取締役社長 井下孝之、以下「当社」)が運営するネット宅配クリーニングサービス「Lenet(以下、リネット)」は、昨日開催された日本サブスクリプションビジネス振興会が主催する『日本サブスクリプションビジネス大賞2019』において、スポンサー賞となる「Paidy賞」を受賞したことをお知らせします。



[画像: https://prtimes.jp/i/16048/33/resize/d16048-33-255051-0.jpg ]

元来、「サブスクリプション(subscription)」とは、新聞などの定期購読を意味する英語です。しかしながら、近年における「サブスクリプションサービス」は、会員制・定額制サービスにおける「定期的に利用料を徴収する販売方式」を意味し、消費者意識が「所有」から「利用」へと移行する中、衣食住やエンターテインメントなど、多岐にわたる業界でサブスクリプションのビジネスモデルが採用されています。加えて、2019年の流行語大賞にもサブスクリプションサービスの略語「サブスク」がノミネートされるなど、盛り上がりを見せています。

そのような中で、当社が提供するネット宅配クリーニング「リネット」は、2009年にサービスを開始。2013年からは会費制のサブスクリプション「プレミアム会員」を開始し、これまでに早朝・深夜の集配や翌日届けなどの「プレミアム便」のほか、お洋服の繊維にトリートメントを行う「プレミアム仕上げ」、無料シミ抜き、毛とり・毛玉とりなどのサービスを毎回標準で受けられるサービスを展開。現在まで累計登録会員数は35万人(無料会員も含む)を突破し、現代のライフスタイルに合わせたクリーニングサービスとして提供しています。

この受賞を機に、当社は今後も「新しい日常をつくる」というビジョンのもと、お客様の「自由な時間」を生み出す利便性の高いサービスを提供してまいります。


■日本サブスクリプションビジネス大賞について
サブスクリプション型のサービスを振興すると共に、日本における新たなサブスクリプションサービス創出のきっかけづくりを目的として、一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会により創設されました。
公式サイト: https://subscription-japan.com/award/

■ネット宅配クリーニング「Lenet(リネット)」について
「リネット」は、自宅にいたまま出せるネット宅配型のクリーニングサービスです。2009年のサービス開始以来、忙しく働く共働きや単身世帯を中心に利用されており、会員数は35万人を突破(2019年5月時点)。会費制のサブスクリプション「プレミアム会員」に登録いただくと、早朝6時から深夜0時までの集配や翌日届けなどの「プレミアム便」のほか、お洋服の繊維にトリートメントを行う「プレミアム仕上げ」、無料シミ抜き、毛とり・毛玉とりなどのサービスが毎回標準で受けられます。2019年度グッドデザイン賞受賞。
https://www.lenet.jp/

■株式会社ホワイトプラスについて
「新しい日常をつくる」というビジョンのもと、生活サービスをテクノロジーの力で便利にし、世の中の人々のライフスタイルや日常をより豊かにすることを目指しています。

所在地 : 東京都品川区西五反田 7-20-9 KDX 西五反田ビル 8F
代表者 : 代表取締役社長 井下孝之
設立 : 2009年7月
URL : https://www.wh-plus.co.jp/
提供サービス:
リネット(衣類のネット宅配クリーニング) https://www.lenet.jp/
ふとんリネット(布団のネット宅配クリーニング) https://www.futonlenet.jp/
くつリネット(靴のネット宅配クリーニング) https://www.kutsulenet.jp/
リネット PREMIUM CLOAK(クリーニング付保管サービス) https://www.lenet-hokan.jp/
生活手帖(ハウスクリーニング比較・予約プラットフォーム) https://seikatsubook.jp/

※Lenet およびリネットの名称、ロゴは、日本国およびその他の国における株式会社ホワイトプラスの登録商標または商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング