物置きのシェアサービス「モノオク」、日本初の企業向けフリマアプリ「ReSACO」を運営するトライシクル株式会社と業務提携

PR TIMES / 2019年5月30日 23時40分

~ごみゼロの日(5/30)より連携スタート~

物置きのシェアリングサービス「モノオク」を運営するモノオク株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:阿部祐一、以下「モノオク」)は、企業向けフリマアプリ「ReSACO(リサコ)」を運営するトライシクル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:福田隆)と業務提携いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/24093/33/resize/d24093-33-251490-0.png ]


ReSACOは、使わなくなったオフィス家具や工具、産業機械などの不用品を処分したい企業とそれを買いたい企業をマッチングする日本初のBtoB専用フリマアプリです。
スマホひとつで中古のオフィス用品を手軽に売買できる他、買い手がつかなかった商品は、資源リサイクルに出したり産業廃棄物処理を行ったりする手続きをアプリ上で行うことができます。
まだ使える物を、適正な企業に適正な価格で提供するサーキュラー・エコノミー対応のプラットフォームです。
ReSACO公式サイト: https://resaco.id/

今回の業務提携により、出品された商品の保管場所として、モノオクのスペースをReSACOユーザーに提供いたします。
オフィス移転や建て替え、廃業等によって自社で商品を保管できない場合、買い手が見つかるまでの期間、モノオクのスペースで安価に商品を保管いただけます。

モノオクは今後もシェアリングエコノミーを通して、モノの再利用や保管、流通に貢献して参ります。

<モノオクとは>
[画像2: https://prtimes.jp/i/24093/33/resize/d24093-33-503893-1.png ]

「モノオク」は、荷物を預けたい人と、空いたスペースを活用して荷物を預かりたい人をマッチングする個人間の物置シェアリングサービスです。2018年4月にサービススタートし、現在の登録ユーザー数は9,000人を突破。収納・保管に悩むものを手軽に預けられるライフスタイルを提案しています。
公式サイト: https://monooq.com/

<ReSACOとは>
ReSACOは、企業の使わなくなったモノを最適な方法と価格で売り、そのモノを最適な形で必要な方に提供するマッチング機能と、資源リサイクル & 廃棄物処理を効率化、最適化する機能を持った世界初のB2Bサーキュラー・エコノミー対応プラットフォームアプリです。
資源をできる限り資源とする流れを促すサーキュラーエコノミー対応のプラットフォームです。
公式サイト: https://resaco.id/

<モノオク株式会社概要>
会社名 :モノオク株式会社
所在地 :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-6-6
設立  :2015年4月
資本金 :1,750万円
代表者 :代表取締役 阿部 祐一
事業内容:CtoCモノ置きサービスの運営

<トライシクル株式会社概要>
会社名 :トライシクル株式会社
所在地 :〒140-0013 東京都品川区南大井6丁目17番17号 FINEビル4階
設立  :2018年5月
資本金 :1,000万円
代表者 :代表取締役 福田 隆
事業内容:BtoBリユース、リサイクル、廃棄までの取引を行うプラットフォームサービスの運営

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング