【慶應義塾大学SFC】AO義塾が慶應SFC入試の面接対策講座を開催!【二次試験 面接対策】

PR TIMES / 2019年10月2日 18時30分

専門家の力を借りた面接対策で慶應SFC合格への切符を掴もう!

Loohcs株式会社(代表取締役 : 斎木陽平 本社所在地 : 渋谷区代々木)は、同社運営のAO入試専門の学習塾「AO義塾 代々木校舎」にて、二次試験で慶應SFC合格を目指す高校生・既卒生を対象とした面接対策講座を開催します。



[画像: https://prtimes.jp/i/36547/33/resize/d36547-33-835239-1.jpg ]




面接対策、そのままで大丈夫ですか?

慶應義塾大学の総合政策学部・環境情報学部のAO入試に出願された皆さんは、二次試験の面接に向けて、練習を重ねられているところかと思います。
ただ、、、学校の先生は、SFCのことをどれくらいご存知でいらっしゃいますか?
今の塾では、充分な回数の面接練習をしてもらえていますか?
面接は、数学などと違い、決まった答えがあるものではありません。
その分、「これだけ対策すれば完成」といったラインも存在しません。
だからこそ、後で後悔しなくていいように、できることはすべてやっておくのが大切です!
AO義塾生も出願を終了してから、一次試験合格発表に向け、対策を既に進めています。
面接当日、緊張に負けずに、あなたの魅力を最大限にアピールできるように、
私たちが徹底的にサポートします!


AO義塾の面接対策概要

AO義塾では、二次面接試験に進む皆さんに、そのチャンスを最大限に活かしていただくために、SFC専用の面接対策講座を実施しております。
この講座では、本番と同じ形式の面接の練習を個別にて行います。
面接練習の後には、あなたの魅力をもっ引き出せるように、「伸びしろポイント」を丁寧にフィードバックします!


AO義塾の面接対策のおすすめポイント

1.SFCを知り尽くした講師が面接官役になってくれる!
AO義塾の講師は、自身がSFCのAO入試を受験し、それに合格し、今現在、SFCに通っている者ばかりです。
SFCを知り尽くした講師だからこそ、SFCが重視する視点から面接対策をすることができます。そのため、合格に必要なポイントを重点的に強化することができますよ!

2.圧迫面接に耐えられるようになる!
AO義塾の面接対策講座では、受講生の「合格」にコミットするために、時には厳しい質問をすることもあります。ですから、面接対策講座に臨む塾生の顔は、いつも少し緊張気味です…。でも、これが、AO義塾生が受験当日に圧迫面接をされても平気でいられる秘密なんです!優しいだけではなく、合格に必要なものを適切にご提供するのがAO義塾流です。

3.1コマから、必要に応じて無駄なく受講できる!
面接当日までの短い期間を最後まで頑張るあなたのために、この講座では特別に、1回から講座を購入できるようにしています。学校だけの対策が不十分になったときや、他の塾での対策に合間が出来てしまったとき、ぜひAO義塾のこの柔軟なシステムをご活用ください!

4.他塾に通っていてもしっかり対応してもらえる!
この講座は、他の塾にすでに通っている方でもお申込み可能です。AO義塾は受験生1人1人に合わせてしっかりと対応します。


受講について

注意事項
・無料受講となるのは「SFC二次試験面接対策授業」のみとなります。その他の内容の授業を受講の場合には別途授業料が発生いたします。
・面接対策以外の授業を受講希望の場合には、「月極コース」というプランがございますので各校舎ご相談ください。
・面接対策授業受講には、別途入塾手続き・入塾金(30,000円・税別)のお支払いが必須となります。
・無料2コマ分は9月中の受講が対象となります。次月以降に振替などはできません。
・天災(地震、台風等)により、止むを得ず休校になった場合、その日分の補償はいたしかねます。
・宿泊について(地方から上京して参加される方)は原則、各自で宿泊場所をご用意頂く必要がございます。


開講場所

AO義塾・各校舎
お近くの校舎を確認し、お問い合わせください。


申し込み方法

下記ウェブサイトのご希望校舎の校舎ページのお問い合わせフォームより「SFC面接対策希望」と記入の上、お申し込み下さい。
https://aogijuku.com/school


【問い合わせ先】
AO義塾 代々木校舎
メール:yoyogi@aogijuku.com
電話:050-3187-3388
15:00~21:00(※火曜日、日曜日は除く)

【運営会社】
Loohcs株式会社
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目58−5 代々木吉野ビル3F(代々木本校)
電話番号 03-6300-0506(代表)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング