1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

~みんなの声がメモになる~「レコメモ」のサービスを開始しました。

PR TIMES / 2021年8月26日 18時15分

会議メモや議事録、面接記録、カウンター業務などのサポートに!

フェアリーデバイセズ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:藤野真人、以下「当社」)は、会議や面接、取材、カウンター業務等における発言者の音声をテキストにするWebアプリケーション「レコメモ」の提供を開始します。「レコメモ」は、当社の16chマルチマイクシステム「Tumbler」、音声前段処理ソフトウエア「mimi(R)︎ XFE」、音声認識クラウドAPIサービス「mimi(R)︎ cloud API service」を最適に組み合わせることで、高い認識性能と複数人の音声同時記録を実現しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/42518/33/resize/d42518-33-c908c63975637167912b-3.png ]




メモと議論を同時にするって、意外と難しい。

面接や会議は集中すればするほど、面接や会議をしながらメモしていくことが難しくなります。さらにメモを見ながら議事録やレポートを作成していくには長時間の追加作業が必要です。

レコメモを使えば、面接や3~4名の少人数の会議で、参加者ごとの発言内容のテキストと音声を記録し、Webアプリケーションから内容の確認や追記/変更/修正をし、その保存・配信までをすぐに行うことが可能です。


「Tumbler」を面接机や会議室に持っていき、参加者の方向をセットするだけ
360°の範囲で発言者を聞き分けて発話者ごとに記録
2人同時に発言しても、それぞれを正確に認識
大事なポイントはテキストでさっと探して、音声を聴きながら確認
テキストの編集、ダウンロードもWeb画面上で可能。複数のメンバーが同じ画面で作業可能

機能詳細はこちらをご覧ください。
https://recomemo.jp/


[画像2: https://prtimes.jp/i/42518/33/resize/d42518-33-ac58674f34989412de47-2.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/42518/33/resize/d42518-33-838632b55630a9fe6301-1.png ]




今後の展開について

当社は長年BtoB向けに、狙った音声を集音するマルチマイクとエッジAIを備えた高性能なハードウェア「Tumbler」や、リアルタイムでノイズ抑制処理などを行い音声認識の精度を向上させる音前段処理ソフトウエア「mimi(R)︎XFE」、クラウド上での高速・高精度の音声認識エンジンを提供する音声認識クラウドAPIサービス「mimi(R)︎ cloud API service」を提供してまいりました。これらは、お客様のシステムやサービスにそれぞれの機能を追加することで、数多くのご利用をいただいております。
(導入事例はこちら https://fairydevices.jp/casestudy>)

こうした音声及び音声AIに関する研究、技術開発に携わった経験をもとに得られた知見を基に、それぞれの機能を最適に組み合わせたサービスがの第一弾が「レコメモ」です。今後も、「レコメモ」にさらなる新機能を随時追加していくことで、音声による業務改善、生産性向上を提案してまいります。

当社は「業務現場における音声AI活用のリーディングカンパニー」として、デジタルトランスフォーメーションのさらに先の世界を見据え、これまでの音声認識技術では踏み込めなかった領域を、ソフトウェア・ハードウェアの一体開発によって切り拓いてまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング