システムエグゼ、Oracle CloudとMicrosoft Azureの相互接続によるマルチ・クラウド環境に基幹システムを全面移行

PR TIMES / 2020年9月10日 13時15分

低遅延でのデータベースおよびアプリケーション間の連携および相互運用可能な環境を短期間で構築し、基幹システムの運用最適化およびテレワーク環境導入によるBCP環境拡充を実現

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 最高経営責任者:ケネス・ヨハンセン)は本日、株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大場 康次)が「Oracle Cloud」とMicrosoft Azure間の相互接続を活用し、基幹システムを「Oracle Cloud Infrastructure」へ移行しながら、フロントエンドでMicrosoft AzureのAzure Active Directory およびWindows Virtual Desktopを活用するマルチ・クラウド構成により、自社の顧客管理システムなどの基幹システム移行およびテレワーク環境拡充を行ったことを発表します。



[画像: https://prtimes.jp/i/57729/33/resize/d57729-33-649421-0.png ]



システムエグゼ、Oracle CloudとMicrosoft Azureの相互接続によるマルチ・クラウド環境に基幹システムを全面移行
低遅延でのデータベースおよびアプリケーション間の連携および相互運用可能な環境を短期間で構築し、基幹システムの運用最適化およびテレワーク環境導入によるBCP環境拡充を実現

2020年9 月10日

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 最高経営責任者:ケネス・ヨハンセン)は本日、株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大場 康次)が「Oracle Cloud」とMicrosoft Azure間の相互接続を活用し、基幹システムを「Oracle Cloud Infrastructure」へ移行しながら、フロントエンドでMicrosoft AzureのAzure Active Directory およびWindows Virtual Desktopを活用するマルチ・クラウド構成により、自社の顧客管理システムなどの基幹システム移行およびテレワーク環境拡充を行ったことを発表します。

システムエグゼは、システム・インテグレーターとして、自社開発のITパッケージ製品やソリューションをはじめ、経営課題の分析から解決に至るサービスをワンストップで提供しています。社内で利用している顧客管理システム(CRM)、社員用ポータルサイト、ワークフローなどの基幹システムにおいて、社内の業務フローの複雑化、利用ユーザーや環境の増加に伴う運用コストの増加、昨今のテレワーク需要への対応、BCP環境の拡充などが課題となっていました。一方で、これまで同社のサービス基盤は、1社のクラウド環境に集中し、新技術の導入や適材適所の機能拡張、コスト削減が難しい状況でした。自社の顧客に最適なクラウド環境導入および運用を支援する上で、クラウド・サービス各社の最新技術に基づき、より最適なクラウド環境を提案することを目指し、マルチ・クラウド構成の採用を検討していました。

システムエグゼは、顧客に最適なクラウド環境構築支援やクラウド・ソリューションを提供していくために、「Oracle Cloud」 とMicrosoft Azureのマルチ・クラウド構成で自社基幹システムのクラウド移行を全面的に進めています。同社では、データベースやエンタープライズ・アプリケーションなどのミッション・クリティカルなワークロードの移行には、高い性能、セキュリティ、拡張性を低コストで提供する「Oracle Cloud Infrastructure」を採用しています。「Oracle Cloud Infrastructure」は、標準で高いストレージ性能、メモリー・リソースを提供し、他のクラウドで必要となる性能向上のための追加コストが不要です。システムエグゼは、コストを抑えながら高い性能を実現することができたため、オンプレミスからの業務システム移行に最適なクラウドとして「Oracle Cloud Infrastructure」を選定しました。

システムエグゼは、第1フェーズとして、2020年8月に、顧客情報や営業情報を管理するCRMを「Oracle Cloud Infrastructure」上に移行し、またテレワーク環境の拡充を見据え、従業員がMicrosoft Office 365を利用するために、Microsoft Azure のAzure Active DirectoryおよびWindows Virtual Desktop も導入しました。「Oracle Cloud Infrastructure」とMicrosoft Azureへの移行には、低遅延でセキュアな専用線によって両クラウドを直接接続する「Oracle Cloud」東京リージョンおよびMicrosoft Azure東日本リージョン間の相互接続を活用しています。「Oracle Cloud Infrastructure」上のデータベースとMicrosoft Azure上のアプリケーション間を低遅延で相互接続することで、マルチ・クラウド環境での高速かつ安全なデータとアプリケーションの連携を実現しています。また、両社のクラウド・ポータル画面から容易に設定でき、通信キャリアとの契約も不要だったため、通常2週間程度かかるクラウド間接続を約半日で完了し、全体のマルチ・クラウド環境構築も2週間という短期間で行っています。

今後、システムエグゼでは、既存のActive Directoryシステム以外の基幹システム全てを「Oracle Cloud」 とMicrosoft Azureのマルチ・クラウド環境に移行させる計画です。クラウドの冗長化やリスク分散として、「Oracle Cloud」とMicrosoft Azureでのマルチ・クラウド構成を組むことで、コストの最適化に加え、セキュアなBCP環境の構築を目指します。また、「Oracle Autonomous Database」の機械学習機能を活用し、既存のSales Force Automation(SFA)システムを拡張し、将来の予測を可能にするSFAへと再構築も進めていく予定です。

日本オラクルについて
人々が、新たな方法でデータを捉え、知見を導き出し、無限の可能性を得ることをミッションにしています。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

オラクルについて
Oracle Cloudは、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837/E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム https://www.oracle.com/jp/corporate/press/index.html

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング