Beat Communication、国産エンタープライズソーシャル として初の海外展開を発表

PR TIMES / 2013年2月20日 10時20分

~日本から世界へエンタープライズソーシャル展開に向けBeat Shuffle Globalを販売開始~

社内SNSは2004年に当社が開発提供して以来、日本から世界へ飛び火し、今ではエンタープライズソーシャルとして多くの企業に利用されるようになりました。Fortune500の企業では既に85%の企業がエンタープライズソーシャルを導入しています。海外では、文化などの違いから当初Eメールや会議の代替として社内SNSが普及してきました。しかし、2013年のIDCの調査からもわかるとおり、ソーシャルウェアを導入するグローバル企業の多くが、オンラインコミュニティの確立やソーシャルラーニングといったコラボレーションに対するニーズが急速に高めてきました。当社製品が2004年に登場して以来一貫して追求してきた製品の強みを活かせる機運が高まったことを背景に今回の海外展開を行うこととなりました。



エンタープライズソーシャル(社内SNS)『Beat Shuffle』を販売する株式会社Beat Communication(本社:東京都港区、代表取締役:村井 亮、以下 Beat Communication)は、グローバル製品の発表とグローバル戦略、及びパートナーとの共同記者会見を2月19日(火)に実施いたしました。


■海外展開の背景
社内SNSは2004年に当社が開発提供して以来、日本から世界へ飛び火し、今ではエンタープライズソーシャルとして多くの企業に利用されるようになりました。Fortune500の企業では既に85%の企業がエンタープライズソーシャルを導入しています。海外では、文化などの違いから当初Eメールや会議の代替として社内SNSが普及してきました。しかし、2013年のIDCの調査からもわかるとおり、ソーシャルウェアを導入するグローバル企業の多くが、オンラインコミュニティの確立やソーシャルラーニングといったコラボレーションに対するニーズが急速に高めてきました。当社製品が2004年に登場して以来一貫して追求してきた製品の強みを活かせる機運が高まったことを背景に今回の海外展開を行うこととなりました。

■パートナー戦略について
Beat Communicationの提供するエンタープライズ向けソーシャルネットワーク(社内SNS)パッケージ『Beat Shuffle Global』をプラットフォームとして、グリドウやダゾンが既に実績のあるアプリケーションをモジュールとしてシステムに組み込み供給していきます。また、クロス・ヘッドは、これまで多数の実績をあげてきたシステム基盤環境の構築・運用ノウハウの提供や販売パートナーとして国内での販売拡大を目指します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング