CRI・ミドルウェア、オリンパス製ハイエンドレコーダーにサウンド技術提供、音楽制作もできるマルチトラックレコーダー「LS-100」

PR TIMES / 2012年2月23日 11時11分



2012年2月23日
株式会社CRI・ミドルウェア

報道関係者各位
ニュースリリース
----------------------------------------------------------------------
CRI・ミドルウェア、オリンパス製ハイエンドレコーダーにサウンド技術提供
音楽制作もできるマルチトラックレコーダー「LS-100」
----------------------------------------------------------------------
株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 
古川憲司、以下CRI)は、オリンパスイメージング株式会社
(社長 高山修一、以下オリンパスイメージング)が販売する、音楽制作が
可能なマルチトラック録音対応リニアPCMレコーダー「LS-100」に、
これまで主にゲーム業界で培ってきたインタラクティブなサウンド技術や
ノウハウを提供致しました。

「LS-100」は高音質を誇るリニアPCMレコーダー「LSシリーズ」の
最新機種で、音楽制作を可能にしたハイエンドモデルです。最大8トラックの
同時再生・編集が可能なマルチトラック録音に対応し、楽器やボーカルを
個別に録音し編集することで、楽曲制作も簡単に行うことができます。
さらに外付けCDドライブを接続することで、PCを使わずに本体から音楽CDの
作成も行えます。これまで据え置き型だったマルチトラックレコーダーが、
持ち運びやすい手のひらサイズで実現されました。レコーディングをサポート
する数々の便利な機能も搭載されており、プロミュージシャンも満足の高性能
な1台です。

CRIは「LS-100」向けに、「再生速度変更」「チューナー」「メトロノーム」
「キーシフト」の機能を実現するため、リアルタイム音声処理技術やノウハウ
を提供致しました。これらの技術は、CRIがこれまでゲーム業界で15年以上に
わたり提供を行っているオーディオミドルウェア「CRI ADX(TM)2」がベースと
なっています。「CRI ADX2」は2,300以上のゲームタイトルに採用されており、
世界中のゲーム開発者の方々から支持されているミドルウェアです。
今回CRIの技術が活用された機能は以下のとおりです。

(1)再生速度変更機能
録音したサウンド/音声データを、音程を変えずに1/2~4倍まで再生速度を
リアルタイムに変更可能。
(2)チューナー機能
マイクから入力された音の周波数(音階)を高精度で検出。
ギターやベースだけでなく、あらゆる楽器の周波数に対応。
(3)メトロノーム機能
40~208 BPMの範囲で、リアルタイムにメトロノームのテンポを生成。
音色の変更も可能。
(4)キーシフト機能
マルチトラックモードで録音したサウンドデータを、再生速度を変えずに
音程を±6の範囲でリアルタイムに変更可能。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング