文字認識サービス「シラベテ」に画像認識機能を付加、「浜学園シラベテ」がハイブリッド版に進化し、学習環境を拡充!

PR TIMES / 2014年8月1日 14時3分

エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村克央 以下、NTTラーニングシステムズ)は、文字認識サービスとして提供していた「シラベテ」に、同社が開発した画像認識サービス「エフ・ブリッジ」の画像認識機能を付加して認識率を向上させた「シラベテ(ハイブリッド版)」を平成26年8月1日から提供します。これにより、今まで苦手としていた印刷物(文字が少ない、図や写真がある場合など)でも認識できるようになり、より多くの出版物に対応できるようになりました。

この新サービスを株式会社浜学園(本部:兵庫県西宮市、代表取締役社長:竹森勝昭 以下、浜学園)は同日適用し、塾生に提供している「浜学園シラベテ」をハイブリッド版に進化させます。今後、浜学園シラベテの対象テキストを「Web全問解説講義」以外にも広げ、塾生の家庭学習環境を拡充します。
シラベテ(ハイブリッド版)用アプリは、平成26年8月以降にアップル社が提供するApp Store、および、Google社が提供するGoogle Playにて提供を開始します。なお、浜学園シラベテ(ハイブリッド版)は平成26年8月1日から提供開始予定です。


1.シラベテ(ハイブリッド版)の概要
シラベテは、印刷物からデジタルコンテンツに誘導することが可能なサービスです。スマートフォン・タブレット端末を利用し、シラベテアプリを起動して特定の印刷物(書籍など)を撮影すると、その印刷物に関連付けられたデジタルコンテンツを表示できます。テキストや問題集を撮影して、解説講義を表示することも可能です。このような利用方法により、印刷物に付加価値を与えることができます。

QRコード等の従来技術との違いは、既存の印刷物(例えばQRコード等が付与されていない印刷物)でも、容易にデジタルコンテンツに誘導することが可能であること、また、出版後からでも誘導するデジタルコンテンツを変更できること、などが挙げられます。

また、シラベテ(ハイブリッド版)の提供により、文字認識技術と画像認識技術の2つの方法で印刷物を読み取ることができるようになり、それぞれ単独の認識技術のみを利用した場合のデメリットを無くし、認識率を向上させることが可能となりました。

想定される活用シーンとしては、1.学習塾のテキストから講義映像へ誘導し、家庭学習をサポートする、2.英語のテキストからネイティブの発音を聞かせる、3.カタログやパンフレットから動画やWEBサイトへ誘導し、詳細情報を提供する、などの利用方法が可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング