化粧品OEM: 原料抽出から 小ロットで。独自性を追求した化粧品開発を可能に。

PR TIMES / 2012年12月26日 14時24分

オリジナル化粧品受託製造メーカーのシーエスラボが、原料抽出技術を持つパートナー企業と提携。ご当地コスメ等の特産原料使用でも小ロット製造が可能に。

活性化するご当地コスメ市場において、独自の原料を開発した化粧品の需要が高まっている。
なぜ、こうした技術が求められているのか。ご当地マーケットの現状を調査。
ご当地コスメの素材は多岐にわたり、豆腐、梅干し、日本酒など、ユニークな化粧品素材が多い。
また、それらの素材から化粧品に仕上がるまでには多くの時間とコストが必要だったが、
それらを可能なかぎり短時間・小ロットで開発し、最終製品まで仕上げることが可能となった。



☆:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,*:,..,:*:,:,..,:*:,..,:*★
 
      進化するご当地コスメ

★*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,....*:,..,:*:,..,:*:,..,:*☆

 活性化するご当地コスメ市場において、独自の原料を開発した化粧品の需要が高まっている。

シーエス・ラボでは、高い原料抽出技術を持つパートナー企業と提携し、小ロットでこうした

需要に対応する体制を整備し、好評を得ている。
 なぜ、こうした技術が求められているのか。ご当地マーケットの現状から紹介しよう。


1. ご当地コスメの分類
 その土地土地で長く愛され、親しまれている素材を使ったご当地コスメは、いまや女性の間では、

 説明の必要がないほど定着した人気カテゴリーとなっている。
 ご当地コスメに活用されている素材は、主に以下に分類できる。

 (1). 資源(鉱物・温泉水など)
 (2). 植物・果物・野菜
 (3). 海産物
 (4). 加工食品・飲料
 (5). 技術・伝統

 この5つの分類に共通するのは、「健康と美容」に直結するイメージや根拠を持っていることだ。

 一見、美容とは関係無さそうな素材でも、科学的には「美肌」に良いとされる作用や成分を持っていれば、

 それはご当地コスメになり得る可能性があるということ。ご当地コスメの素材は身の回りに

 たくさん横たわっている。


2. 注目の化粧品
 (1)のご当地コスメとしては、火山灰シラスや温泉水を使った化粧品などが挙げられよう。

 最近、人気を集めているのが、「Wie ben ik?」(オランダ語で「私は誰?」の意味)。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング