自然言語処理エンジン「Semantic Finder」を提供開始~人間が解釈するのに近い精緻な言語解析技術を提供~

PR TIMES / 2012年8月30日 11時57分



 株式会社ブレインパッド(本社:東京都品川区、代表取締役社長:草野 隆史、東証マザーズ証券コード:3655、以下ブレインパッド)は、自然言語処理(注1)エンジン「Semantic Finder(セマンティックファインダー)」(注2)の正式版を本日より提供開始します。
 本サービスは「"文脈を理解する"自然言語処理」をコンセプトに、「セマンティック技術(注3)」の実現を目指し開発されたエンジンです。従来のテキストマイニング製品では実現が難しいとされていた、テキスト情報が持つ意味そのものを正確に理解し、人間が解釈するのに近い判断を行うことが可能です。

■サービス概要
 「Semantic Finder」は、対象の文章が持つ意味そのものを理解しようという「セマンティック技術」を応用したブレインパッドが独自で開発した自然言語処理エンジンです。従来から広く使われている「形態素解析」(注4)及び「構文解析」(注5)に加え、文章の構造を把握するのに必要な「文脈解析」と文章の意図を理解するのに必要な「意味解析」の2つの技術をベースにすることで、消費者やユーザーの声を「より早く」「より精緻」に解析することが可能となります。
 利用形態は、ウェブ経由でエンジンを利用する「ウェブAPI利用方式」とエンジン自体を購入していただく「ライセンス利用方式」の2種類です。
 「ウェブAPI利用方式」は、テキストの文字数に応じた従量課金制でユーザーがアンケートやクチコミ等の解析を行う際などに必要な分だけを利用していただく方式です。「ライセンス利用方式」は、製品自体を自社の業務システムやサービスに組み込んで利用していただく方式となります。

■活用例
 「Semantic Finder」をコア技術として、別途、アプリケーションを実装させることで以下のような活用が可能となります。

1.ウェブ広告や商品、FAQなどのマッチング及び判定への活用
 ウェブサイト上でユーザーが入力したテキスト情報から、その内容に合致した「意味情報フラグ」を自動で付与します。テキスト情報を読んだ一人ひとりの興味・関心やペルソナを特定し、広告や商品、FAQサイトでの質問に対する回答などを判定することができます。そのため、利用者の意図を推測し、より目的に合った情報の提供が可能となります。

2.商品・サービス開発などマーケティング業務への活用
 大量のアンケートデータや口コミデータをテキストマイニングに利用することで、ある商品やサービスの“利用時間”、“利用場所”、“買った理由”、“買わなかった理由”などの評価や問題点を把握し、マーケティング業務に活用することが可能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング