ヒルズのプリスクリプション・ダイエット「〈猫用〉c/d マルチケア コンフォートTM」 が新登場!

PR TIMES / 2014年2月24日 14時11分

猫下部尿路疾患の60%を占める「特発性膀胱炎」に対応



日本ヒルズ・コルゲート株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:ゴードン デュメシッチ、以下 日本ヒルズ)は、猫の下部尿路疾患(以下、FLUTD)の3大原因に対応した特別療法食「プリスクリプション・ダイエット〈猫用〉c/dマルチケア」シリーズから、FLUTDの60%を占める「特発性膀胱炎」を根本から考えた新製品『〈猫用〉c/d マルチケア コンフォートTM』の“ドライ”を2014年3月10日(月)より発売。また、同製品“サーモン パウチ”、“チキン パウチ”の2種類を2014年4月1日(火)より発売します。

FLUTDとは、主に下部尿路(膀胱から尿道)に起こる病気の総称で、尿石症、尿道栓子、尿路感染などもあげられますが、中でも最も多いのは全体の55~64%を占める「特発性膀胱炎」(図表1:ヒルズ調べ)です。原因が特定できない膀胱炎のことを「特発性膀胱炎」と呼び、ストレスが主な原因であると言われています。また、キャットオーナーへのアンケート調査から、多くのオーナーが猫のストレスを心配していることがわかりましたが、これまでストレスに配慮したフードがありませんでした(図表2:2012年 ヒルズ調べ)。

このような背景から、日本ヒルズは、猫の精神的な健康維持をサポートするため、加水分解ミルクプロテインとトリプトファンを含有する『〈猫用〉c/d マルチケア コンフォートTM』を開発しました。また、2年以内の再発率65%で慢性化しやすい「特発性膀胱炎」に対し、長期的な食事管理ができるよう、腎臓にも負担をかけない健康的な塩分量でつくられています。

日本ヒルズは、これまで長期にわたる経験と研究により確立された小動物の臨床栄養学に基づき、ペットのための優れた栄養バランスでペットの健康をサポートしてきました。「プリスクリプション・ダイエット」は獣医師の管理のもとに病気のペットを栄養学的にサポートすることを目的としたペットフードです。

猫がかかりやすいFLUTDの中でも最も多い「特発性膀胱炎」に対応した『〈猫用〉c/d マルチケア コンフォートTM』“ドライ”、“サーモン パウチ”、“チキン パウチ”を投入し、特別療法食市場のさらなる拡大を目指します。

【製品概要】---------------------------------------------------------------------------------
ヒルズのプリスクリプション・ダイエット〈猫用〉c/d マルチケア コンフォートTM
猫下部尿路疾患の60%を占める「特発性膀胱炎」に対応

■製品特長
●カラダに優しい栄養
・精神的な健康維持に配慮して、加水分解ミルクプロテインとトリプトファンを含有
・塩分控えめで長期に与えても安心
・自然派成分の酸化防止剤
●科学的に証明された栄養
・「特発性膀胱炎」の管理に役立つことが科学的に証明された栄養
●おいしい栄養
・約80%の猫が選んだ味と食感*
・パウチ製品は“サーモン”、“チキン”の2種類
*チキン パウチ製品2013年ヒルズ調べ

■製品サイズ
〈猫用〉ドライ:500g, 2kg, 4kg / パウチ:85g

■発売日:2014年3月10日発売予定

■製品のお問い合わせ■
お客様相談室: 0120-211-323
受付時間 9:30-17:00(土・日・祝を除く)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング