UL、国際ワイヤ&ケーブル見本市を広東省東莞市にて開催

PR TIMES / 2013年4月26日 17時3分

~中国最大の装備製造業基地で国際的なビジネス拡大の機会を提供~

【2013年4月15日(現地時間)上海市発】 米国の第三者安全科学機関UL Inc. (本社:イリノイ州ノースブルック、以下UL)は、中国最大の装備製造業基地である東莞(とうかん)市の広東モダン・インターナショナル・エキシビションセンター(GDF)において、7月17日(水)から19日(金)までの3日間、「UL国際ワイヤ&ケーブル見本市2013」(UL Wire & Cable International Fair 2013)を開催すると発表しました。出展企業・団体には、世界各国の化合物、銅、試験機器の製造者およびサプライヤーなどが含まれ、ワイヤ・ケーブル製品および機器の革新的な最新技術が紹介されます。



中国内で開催される一般的な見本市とは異なり、この見本市はビジネスパートナーの開拓を求めるメーカー、サプライヤー、バイヤー、規制当局関係者等のあらゆる関係者が参加する、今までに類を見ない国際見本市として開催されます。加えて、ULと中国中央および地方政府との協力体制により、規制当局関係者も参加するなど、中国の政策に関する貴重な情報を得るための良い機会でもあります。

1980年の中国進出以来、ULは中国のワイヤ・ケーブル業界の成長を見守ってきました。メーカーは原材料費の高騰、市場の縮小、認証要求事項の変更など様々な困難に直面してきました。現在、業界が抱える世界的な課題として、低価格な偽造粗悪品の氾濫、最終製品に採用された新技術による仕様変更への対応が挙げられます。

ULのグローバル・ワイヤ・ケーブル・ゼネラルマネージャーのL.F.ライは、次のように述べています。
「ULは、ワイヤ・ケーブル業界における製品安全の世界的リーダーとして、国際見本市を主催することを我々の責務であると考えています。ワイヤ・ケーブル業界に限らず幅広い分野から多数の方々に参加いただき、業界ならびに製品に関する知識や成功事例などの情報共有の場として有効に活用していただくことで、業界の活性化に繋がることを期待しています。今こそ、すべての業界関係者が一同に会する今回のような国際見本市を、広範囲かつ大規模で実施することが重要なのです。」

現時点で出展を予定する企業は1,000社を超え、参加を表明している団体には東莞虎門(トウカン・フーメン)インフォメーション・ワイヤ・ケーブル協会、東莞ワイヤ・ケーブル協会、台湾エレクトリック・ワイヤ&ケーブル協会、温州ワイヤ・ケーブル協会、グレーターチャイナ・ワイヤ・ケーブル協会、コミュニケーション・ケーブル&コネクティビイティ協会(CCCA)、国際ワイヤ・ケーブル・シンポジウム(IWCS)が含まれます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング