1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

~ 「 日本のARIGATOを車椅子にのせて届けよう! 」 ~ 車椅子をタイに届けよう! タイスタディツアー新商品発表 学生による社会貢献の形

PR TIMES / 2012年10月18日 19時49分



 株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平林朗 以下H.I.S.)法人・団体・専門店事業部では、学生による社会貢献とタイの現状を学ぶスタディツアー『車椅子をタイに届けよう! タイスタディツアー6日間』を発表いたします。

<日本のARIGATOを車椅子にのせて届けよう>

 東日本大震災のあった2011年の旅博で『世界は一つ。日本の「ARIGATO」を伝えよう!』と題したJATA学生国際交流プロジェクトにて優秀賞を獲得した相模女子大学 英語文化コミュニケーション学科のプレゼンテーションをアレンジし、東日本大震災で多大な支援をしてくれた国の1つタイへの恩返しツアーを造成いたしました。

 当ツアーは、世界の国・地域から届く復興支援に学生による感謝の意を表す社会貢献活動として、日本で使われなくなった車椅子をタイの身障者の子供達に届ける内容となっております。
タイを訪れる前に「NPO法人 海外にこども用車椅子を送る会」※1の協力のもと再利用出来るようにする整備、メンテナンス作業から参加していただき、その上でタイを訪問します。
 タイでは、車椅子の受け入れ先である社会貢献団体の協力により車椅子贈呈式、また実際に車椅子を使用する村の子供たちとの交流なども組み込まれています。また、タイ日本国大使館の訪問やタイの大学生との交流など、学生時代に国際感覚を体感出来る場も設定されているツアー内容となっています。バンコクでの市内観光や自由時間の設定もあるため観光もお楽しみいただけます。

※1 NPO法人 海外に子ども用車椅子を送る会  http://www.kurumaisu.ma.cx/
 肢体不自由の子どもたちは、国からの9割の補助金によって、一台20~30万円する車椅子に2~4万円程度の負担で乗ることができます。しかし、大人用の車椅子と違って、オーダーメイドで、子どもの成長に伴い乗り換える高価格の車椅子は、身体に合わなくなったら処分されてしまうのが現状です。
そのように日本で使われなくなった子ども用車いすを新品同様に整備して海外の子ども達に無償で届けています。

■ 学生限定ツアー「世界にARIGATOを車椅子をタイに届けよう!タイスタディツアー6日間」

・出発地:東京(成田空港)
・出出発日:2013年2月19日(火)     
・出ご旅行代金 109,000円(別途 燃油サーチャージ諸税等要)
・出利用航空会社:全日空(エコノミークラス) 
・利用ホテル:スタンダードクラス
・最少催行人員10名   ※添乗員もしくは現地係員がお世話いたします。 
・参加対象:学生限定
・商品URL: http://www.his-j.com/tyo/volunteer/st/std-kurumaisu.html





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング