「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2014」 世界で活躍するDJ“DAISHI DANCE”をはじめ“SHINJI TAKEDA”“GILLE”が出演!

PR TIMES / 2013年11月8日 15時51分

1年に一度きり! オールナイトでアトラクションに乗りまくり!! 年越しの瞬間の盛大な花火とともに、新年を大絶叫で迎えよう! ~大晦日から元日までパークを25時間楽しめる「パーティ・パス」好評販売中~

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、9月5日付けプレスリリースで発表した通り、2013年12月31日(大晦日)午後7時より「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2014」を開催します。このスペシャル・イベントを盛り上げる「アーティスト・ライブ」の開催が決定しました。出演アーティストは若者に絶大なる人気を誇る“DAISHI DANCE”“SHINJI TAKEDA”“GILLE”の3名です。




「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2014」では、「アーティスト・ライブ」を含めたこの日限りの限定エンターテインメントを2013年12月31日(大晦日)午後7時から2014年1月1日(元日)午前2時まで開催します。今年超一新した『NEW アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D』や、ゲストの皆様からのご要望にお答えしてレギュラー・アトラクションとして提供している『ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~』をはじめとする大人気アトラクションを一晩中楽しめるほか、「カウントダウン・モーメント」では、年越しの瞬間を約3,000発の花火で豪華にお祝いします。

DAISHI DANCE
アジア最大のクラブイベントageHa【ARENA】東京など、国内外の大型メジャークラブでのレギュラーパーティや、札幌を拠点に各地のCLUBでのDJ出演など、年間150回以上のギグをこなしている。
“theジブリset”、“DAISHI DANCE Remix.”など毎年自身のアルバムをリリースし、いずれもロングセールスを記録しているほか、BIGBANG、AFTERSCHOOL、RAINBOWをはじめ、韓国の人気アーティストへの楽曲提供も多数手掛けている。

SHINJI TAKEDA
俳優、タレント活動以外にもサックスプレーヤーとしての顔を持つ。
代表曲SAX@ARENAはワールドリリースされており海外DANCE MUSICチャートで総合TOP5を獲得している。

GILLE
2012年、ソーシャルメディアを中心に驚異的なスピードで話題となる。洗練されたヴォーカル・パフォーマンスとクオリティの高さに世界中から絶賛の声が寄せられた。

「アーティスト・ライブ」の開催時間等詳細は、は、オフィシャルWEBサイトで随時案内します。
入場に必要な「パーティ・パス」は現在好評販売中です。本チケットでは7時間に及ぶスペシャル・イベントを含め、1月1日午後8時まで、25時間にわたってパークをお楽しみいただけます。
※荒天時は演出内容を変更する可能性があります。

【12月31日~1月1日の営業時間のご案内】
午前9:00~午後5:00 通常営業12月31日有効の各種「スタジオ・パス」で入場可能。午後5時に営業終了。「パーティ・パス」では入場不可。
午後7:00~午前2:00 「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2014」「パ-ティ・パス」でのみ入場可能。「年間スタジオ・パス」を含む、通常販売している各種パスでは入場不可。
午前2:00~午後8:00 通常営業1月1日有効の各種「スタジオ・パス」で午前2時から入場可能。「パーティ・パス」でも入場可能。午後8:00 パーククローズ

【「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2014パーティ・パス」販売情報】
「パーティ・パス」(※1) / 9,800円 / JRの主な駅のみどりの窓口(一部除く)、ローソン(店頭のLoppi、ローチケ.com)、パートナーホテル(宿泊者への販売のみ)、契約旅行会社(一部除く)、オフィシャルWEBサイトwww.usj.co.jp(パソコンおよび携帯電話よりアクセス可)
上記価格は、いずれも大人、子ども、シニア共通。同伴する3歳以下の幼児は無料。
チケットはいずれも、売り切れ次第、販売終了。
※1「パーティ・パス」は、特別営業の「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2014」開催中から引き続いて、2014年1月1日(元日)午後8時までの計25時間有効。

※チケットの内容、および販売方法の詳細については、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン オフィシャルWEBサイトwww.usj.co.jpにてご確認ください。一般の方からのお問い合わせは、インフォメーションセンター(Tel : 0570-20-0606)で承ります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング