DataDirect Networks は、年次のHPCストレージ・トレンド調査で、ユーザーがなぜ DDN にビッグデータの最大の課題を解決することを期待しているのかを明らかにしました

PR TIMES / 2014年11月21日 11時20分

HPC のエンドユーザーは、混合 I/O が、ローカルでの最も厳しい課題であり、セキュリティやデータ共有の複雑さが、マルチサイトでの共同作業の最も困難な課題であると述べています

DDN は、年次のハイパフォーマンス・コンピューティング・ストレージ・トレンド調査の結果を発表しました



2014年11月21日

SC14 (Booth #2539), NEW ORLEANS - November 17, 2014 (米国発表日)

ニュース

・DataDirect Networks (DDN) のハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) トレンド調査の結果によると、ローカルのハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) 環境で、ストレージ・インフラの混合 I/O 要求に取り組むことは、HPCストレージ・アーキテクトにとって、引き続き最大の課題であり、2015年にはビッグデータとストレージのニーズが解決されることを期待していると本日発表しました。

・顧客満足度調査の大手である、TechValidate 社によって行われたこの調査は、多業種にわたっての、高可用性ストレージやファイルシステムを構成して HPC設営を行う責任者を含む、世界で数百ペタバイトにのぼるストレージへの投資における代表的な 112の HPC エンドユーザーが対象となりました。調査対象となった36%が、少なくとも1ペタバイトのストレージを管理もしくは使用し、4分の1以上が 6PB 以上のストレージを管理あるいは使用しています。

・調査結果によれば、調査対象となった人々の3分の2以上 (67%) が、性能がストレージとビッグデータに関する最大の課題であり、さらにその半分近くの人が、混合 I/O 性能をボトルネックとしてあげています。増え続ける I/O 要求のために、性能に関する問題が急増しているとの回答が、昨年の調査結果と比較して 13%増えました。

・この課題に取り組む際、4分の3の回答者は、バースト・バッファーがストレージのレベルを押し上げるのに最も有効な手段であると述べて。とりわけ、6PB 以上のストレージのあるサイトでは、著しく高い回答率 (79%) でした。これは、エクサスケール・コンピューティングや、開発や発見までの時間の短縮、大規模なデータセットからの結果の抽出などが今日のアーキテクチャーの性能を使い切ってしまっていることを意味しており、回答者の25%以上は、プロビジョニング I/O やアプリケーションのチューニングによる加速などでは間に合わず、より速くより効率的な別の選択肢を探しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング