<11月22日は「いい夫婦の日」>タキイ種苗が20~60代の既婚者に“夫婦の食事”に関する調査を実施!夫から見た妻の料理「82.3点」、妻から見た夫の料理「62.2点」

PR TIMES / 2014年11月20日 10時6分

「夫婦の食事で気を付けていること」は『野菜を多めにする』ことが最も多い結果に
夫婦で一緒に夕食をとる回数は約4割が『毎日』、一方で、働き盛りの30代は『週1回~2回』の食事が最も多い回答
よく作る夕食は夫、妻ともに『カレーライス』が第1位に!




タキイ種苗株式会社(所在地:京都市下京区、代表取締役社長:瀧井傳一)は、11月22日の「いい夫婦の日」を前に、20~60代の結婚をしている男女300名に「夫または妻の料理の点数」や「夫婦の食事で気を付けていること」、「夫または、妻に夕食に作ってもらいたい料理」など“夫婦の食事”に関する調査を実施しました。

まず、最も気になる「夫または妻の料理の点数」の問いでは、夫から見た妻の料理は平均で『82.3点』と高得点に。中でも100点満点と答えた夫は26人(150人中)で0点と答えた人は、たったひとりもいませんでした。一方で、妻から見た夫の料理は合格圏内と言える『62.2点』。100点と答えた人も18人(150人)おり、多くの人が夫婦間での料理に関して満足していることが分かりました。さらに「夫婦の食事で気を付けていること」については、第1位が『野菜を多めにする』(67.0%)、第2位が『栄養のバランス』(42.3%)、第3位が『塩分を控えめにする』(42.0%)となり、お互いに『野菜を多めにする』ということを特に重要視し、夫婦で健康的な食事に気を使っていることが分かりました。

また、「夫婦で一緒に夕食をとるのは1週間に何回」と聞くと約4割が『毎日』(39.0%)と回答。一方で、働き盛りの30代では、『週1回~2回』(43.3%)が最も多く、「夕食」において年代別のライフスタイルが浮き彫りとなる結果となりました。他にも「夫または、妻が1週間の内に作ってくれる夕食の回数」では、最も多いのが妻の『毎日』(48.0%)に対して、夫は『0回』(46.7%)となりまだ食事作りについては妻の担当という家庭が多いことが顕在化しました。

さらに「夫または、妻が夕食によく作る料理」の問いでは、夫、妻ともに『カレーライス』と回答。「夫または、妻に夕食で作って欲しい料理」を聞くと夫の回答で『鍋』、妻の回答は「よく作る夕食」と同様『カレーライス』となり、夫がよく作る料理と妻が作って欲しい料理が一致している結果となりました。

タキイ種苗では、夫婦に人気の野菜を豊富に使った料理レシピを紹介し、心身の健康を最も把握できる「食事」の面で夫婦円満をお手伝いします!

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング