いま話題の“マヌカハニー”をニュージーランドから自社輸入! 成城石井自社輸入商品として初となる、マヌカハニー3種類を新発売!

PR TIMES / 2014年12月18日 14時21分

成城石井は、自社輸入のマヌカハニー(全3種)を12月18日(木)に新発売いたします。マヌカハニーはニュージーランドにのみ自生する植物「マヌカ」の木から採れるハチミツで、先住民のマオリ族が健康維持のために生活に取り入れていたとも言われ、近年特に健康食品として注目を集めています。成城石井でも昨年の約3倍の売れ行き(※)となり、一時品薄状態となっていましたが、この度、初めて自社で輸入することにより、安定的に、しかもお求めやすい価格でのご提供が可能となりました。
ラインナップは「マヌカハニー」「マヌカハニー+5」「マヌカブレンド」の3種類。マヌカハニーは独特の風味が特徴ですが、本商品はいずれもクセがなく食べやすい一品です。マヌカハニーが苦手という方や、初めての方にもおすすめの商品です。※11月の前年同月比約3倍




株式会社成城石井(本社事務所:神奈川県横浜市西区北幸、代表取締役社長:原昭彦)は、「ハニーカンパニー マヌカハニー(250g)」、「ハニーカンパニー マヌカハニー+5(250g/500g)」、「ハニーカンパニー マヌカブレンドハニー(250g)」、を、12月18日(木)より全国122店舗、及びオンラインショップ「成城石井.com」(http://www.seijoishii.com/)にて販売いたします。

■世界的なトレンド商品になりつつある、注目の“マヌカハニー”とは


マヌカハニーはニュージーランドにのみ自生する「マヌカ」の木に咲くマヌカの花から採れるハチミツ。先住民のマオリ族が健康維持のために生活に取り入れていたとも言われ、近年、特に健康食品として注目を集めています。
成城石井では、マヌカハニーの取扱いを2002年から行っていますが、今年11月の月の売り上げの前年同月比が約3倍に達するなど、当社においてもここ最近の人気が急上昇しています。


■本商品はさっぱりした甘さとコクのある豊かな味わいが特長


ニュージーランド南島北端のマールボロという自然に恵まれた環境の地で大切に作られた、ハニーカンパニー社のマヌカハニーを成城石井が自社輸入。ハーブのようなスッとした香りとすっきりした甘さ、豊かでコクのある味わいに加え、なめらかな舌触りが特長。マヌカハニー独特のクセが比較的少なく、そのままでも食べやすいのが魅力です。パンに塗ったり、ホットミルクに溶かして召し上がっていただくほか、料理にもお使いいただけるなど幅広い用途でお楽しみいただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング