デイサービス利用者による本格ウィッグファッションショーを開催  平均年齢82.7歳の参加者が生き生きとランウェイに登場

PR TIMES / 2014年10月30日 17時11分

~アデランスと石橋内科による共同企画~

株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 根本 信男)と医療法人社団 石橋内科(本部:兵庫県姫路市、理事長 石橋悦次)は、2014年10月10日(金)と11日(土)、石橋内科が運営するデイサービス施設「デイサービス 杏の里I・II」にて、デイサービス利用者によるウィッグファッションショーを開催しました。今回の取り組みは、アデランスの強みである「ウィッグ」、石橋内科の「おもてなし医療」を組み合わせ、CSR活動の一環として実施したもので、アデランスとしても、石橋内科としてもこうした取り組みは初めてのことです。



 当日は、プロのモデルと「デイサービス 杏の里I・II」の職員が登場し、会場を盛り上げたあと、タキシード等で正装した職員にエスコートされ、軽快な音楽と共に次々と参加者が登場しました。参加者は、自分で作った洋服や着物、ウェディングドレスなど、各々用意した思い入れのある衣装に、アデランスが選んだフルウィッグ※1やトップピース※2を装着し、ランウェイでポーズをとりました。会場は、石橋内科がこの日のために赤い絨毯を敷いたランウェイを作り、スポットライトで照らしました。また、プロの司会者が、参加者の衣装への思い入れや、意気込みを伝えたり、アデランスの専属ウィッグデザイナーの弘前武久がウィッグショーを行うなど、大変盛況なファッションショーとなりました。

※1フルウィッグ・・・頭全体を覆うタイプのウィッグ(かつら)のこと
※2トップピース・・・頭頂部など部分的につけるタイプのウィッグ(かつら)のこと

 10日は、23名(女性:20名、男性:3名)、11日は22名(女性:20名、男性:2名)の計45名が参加しました※。年齢は57歳~101歳で、平均年齢は82.7歳です。ウィッグファッションショーの観客は、参加者以外のデイサービス利用者や、参加者のご家族を中心に各日約60名、計120名が訪れ、ステージ上で生き生きと笑顔輝く参加者に、大きな拍手と歓声が沸き起こりました。

※参加者のうち、男性と一部の女性は、ファッションなどとの兼ね合いで、ウィッグをつけずにランウェイを歩かれた方もいらっしゃいました。


■「ウィッグファッションショー」実施の経緯

 年を重ねることで、髪が細くなりボリュームがなくなる、頭頂部が薄くなる、白髪が増えるなど、女性も髪の悩みが増えてきます。髪の印象が変わるだけで、若々しく見えるなど、イメージが大きく変わります。ウィッグファッションショーは、美しくありたい気持ちを現実化し明るく元気な生活を送って欲しいという思いから、アデランスと石橋内科が企画し、実現しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング