1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

東京最大手「日本交通グループ」が大阪で規模拡大 老舗タクシー会社「ナショナルタクシー」を傘下に

PR TIMES / 2021年9月10日 17時15分

大阪府内約750台体制で、高品質なタクシーサービスを強化



日本交通株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:若林泰治、以下「日本交通」)は2021年9月10日付で、ナショナルタクシー株式会社(本社:大阪府大阪市、以下「ナショナルタクシー」)の全発行済株式を取得し、運営引継ぎをいたしましたのでお知らせします。これにより大阪府内における日本交通グループは既存のグループ会社と併せて744台となります。

[画像: https://prtimes.jp/i/53767/34/resize/d53767-34-417b82df39e7ff2f3050-0.jpg ]


ナショナルタクシーは1951年に設立し、大阪の地域の方々の足としての使命を果たすべく、「安全・快適・迅速」をモットーに、社員一丸となって安全輸送を基本としながら「清潔な車輌で親切な応対」を目指してまいりました。

首都圏を中心に「桜にN」マークで親しまれている日本交通は創業93年、「選ばれるタクシー」として社会を幸せにできる移動空間の提供を目指して、「Japan Hospitality」をテーマに社会環境やお客様ニーズの変化に応じて様々な取り組みを行っています。

日本交通は2014年3月に東京・日本交通株式会社を設立して以来、大阪府を中心としたエリアにおいて「日本交通グループ関西」として高品質なタクシーサービスを展開してまいりました。日本交通とナショナルタクシーは「お客様に選んでいただけるタクシー」を目指す企業風土を融合し、「日本交通グループ」として一体化することで一層快適な移動空間を提供して、タクシー業界全体の発展に繋げてまいります。

なお、今回の株式取得により、日本交通グループ関西(大阪府、兵庫県)のタクシー保有台数は846台、グループ全体の運行車両数は8,601台(2021年9月 時点、業務提携会社、運行管理請負を含む)となります。

ナショナルタクシーの概要

[表: https://prtimes.jp/data/corp/53767/table/34_1_ba7b33d4c000a0ecf8855622ed05f82f.jpg ]



代表者の変更
2021年9月10日付で代表者を以下の者に変更いたしました。
代表取締役会長 林 紀 孝
代表取締役社長 金田 隆司

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング