バンダイ×集英社×東映アニメーション デジタルキッズカードマシン『マジンボーン』 2014年春稼働開始!

PR TIMES / 2013年12月21日 10時19分

最強ジャンプ2月号よりまんが連載スタート!2014年4月よりテレビ東京系列にてアニメ化も決定!

株式会社バンダイ カード事業部は、デジタルデータとカードゲームを融合させたデジタルキッズカードマシン『マジンボーン』を、2014年春頃より順次導入、稼働を開始します。主な設置場所は、全国の玩具店、量販店の玩具売場、およびアミューズメント施設です。

バンダイでは、2005年よりデジタルデータとカードゲームを融合させた「データカードダス」を展開しており、全国に約3万台の「データカードダス」筐体を設置し、カードの累計出荷枚数は16億枚を突破する大ヒットシリーズとなっています。(2013年11月末時点)。




『マジンボーン』はフラットパネルリーダーやICカードリーダー、23インチのワイド液晶モニターを搭載した筐体に、カードを最大5枚読み込ませてバトルを楽しむことができるデジタルキッズカードマシンです(1プレイ1枚100円/税込)。5枚のファイターカードでチームを結成したら、フラットパネル上に置き、バトルをスタート!3×3のバトルフィールド(フラットパネル)でカードを動かしフォーメーションを決定します。カードを縦、横、斜めに3枚並べて「ライン」を作ると、強大な力を持つ「魔神」を召喚することができるなど、直感的な操作で迫力のあるバトルをお楽しみいただけます。

別売りの「ICカードセット」(メーカー希望小売価格600円予定/税別)の「アバターカード」を使うと、ファイターカードの裏面に描かれたさまざまなボーンパーツと呼ばれる装備を自由に装着させ、ゲーム内に自分のオリジナルファイターを登場させることができます。同じく「ICカードセット」に同梱されている「ICカード」は、ICカードリーダーに差し込むことで自分のアバターにニックネームをつけたり、バトルデータを記録することでアバターを強化したり、魔神を大きく成長させることができます。

さらに、「最強ジャンプ2月号(集英社)」からは杉田尚先生によるまんが連載が、そして2014年4月からはテレビ東京系列にてTVアニメ化も決定しています。デジタルキッズカードマシン、まんが連載、TVアニメを柱にした強力なメディアミックス展開を行うことで、デジタルカード市場での更なるシェア拡大を狙います。メインターゲットは9歳~12歳の男児です。


■『マジンボーン』の特長

多彩な「カード効果」で、戦略は無限大!
ファイターカードにはそれぞれ「火」「水」「木」「土」といった全8種の属性があり、フラットパネル上のラインと属性を合わせると魔神を呼び出すことができます。さらに、魔神の力でカードに描かれたキャラクターがパワーアップし、超強力な必殺技を発動します。どのタイミングでラインを作るかが戦略の鍵となります。なお、作成したラインに応じてマシンが光るギミックも搭載します。第1弾には全15体のファイターと魔神8体が登場予定で、カードも全57種収録(予定)と『マジンボーン』の世界を堪能できる多彩なラインナップとなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング