株式会社アウトソーシング・システム・コンサルティングが、LPI-Japanのプラチナスポンサー制度に参加

PR TIMES / 2012年4月2日 14時22分

株式会社アウトソーシング・システム・コンサルティングが、
LPI-Japanのプラチナスポンサー制度に参加


OSS/Linux技術者認定機関として「LPIC」および「OSS-DB技術者認定」を実施する特
定非営利活動法人エルピーアイジャパン(以下:LPI-Japan東京都千代田区、
理事長:成井 弦、www.lpi.or.jp)は、株式会社アウトソーシング・システム・コン
サルティング(以下:OSSC社 東京都千代田区、代表取締役社長:福嶌 智、
www.ossc-inc.jp) が、「LPI-Japanプラチナスポンサー制度(※1)」に参加したこ
とを発表しました。

OSSC社は「システム開発支援」、「インフラ基盤構築支援」、「Webサイト構築支
援」を柱にITシステムのフロントからバックエンドまで多岐に渡る分野で実績があり
ます。また、近年では世界的にシェアを伸ばしているオープンソースのCMS(※2)
「Drupal」のビジネス化にいち早く取り組むだけでなく、国内初となる解説書を執筆
するなどOSSへの貢献にも積極的な企業です。

LPI-Japanでは、OSSC社のLPI-Japanプラチナスポンサー参加によって、Linuxのみな
らずCMSやDBなどアプリケーションレイヤーにおけるOSSの活用を訴求する活動を強化
できるものと考えております。
また、同時に、OSSC社のOSS/Linuxのビジネスが更に成長することを期待します。

今後もLPI-JapanおよびOSSC社はともに協力し、OSS/Linuxの普及、OSS/Linux市場の
活性化、OSS/Linux人財の育成、そして日本のIT技術力の向上に貢献していきます。

●コメント
株式会社アウトソーシング・システム・コンサルティング
代表取締役社長 福嶌 智

当社はオープンソースを活用したWebサービスを開発、サーバ、ネットワークの3階層
にわたってご提供しております。サービスの特徴の一つとして、2007年に米国で圧倒
的なシェアを誇っているDrupal(オープンソースCMS)に注目し、お客様のご要望に
オープンソースCMSを組み込むことにより、最適化されたWebサービスをご提供してお
ります。

また、Drupalの魅力を知っていただけるよう、当社のスキルを集約した日本国内初と
なるDrupal解説書(DrupalProBook)を執筆し、日本語書籍からの情報収集を可能と
致しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング