“敬老の日”アンケート 60~70代の男女300人にライフプランのアドバイスを仰ぐ ソニー生命保険株式会社調べ

PR TIMES / 2012年9月14日 18時39分



~ソニー生命調べ “敬老の日”アンケート 60~70代の男女300人にライフプランのアドバイスを仰ぐ~

■いまの暮らしに満足しているシニア世代は約7割
■幸せなシニアライフを送るために早くから準備を心掛けたい3ヵ条とは

9月17日は敬老の日。いわゆる団塊の世代のリタイアがはじまり、少子高齢社会となった日本において、シニア世代の方々は果たして、いまの暮らしにどういう実感を抱いているのでしょうか。また、これからシニア世代を迎える世代に対してどのような助言をしたいと考えているのでしょうか。ソニー生命は、60~70代のシニア世代の男女300人に意識調査を実施し、その現状と、幸せなシニアライフを送るためのアドバイスを聞きました。

◆調査結果の要約◆

■POINT 1
シニア世代の73%が、いまの暮らしに満足している。
60~70代のシニア世代に対し、総合的に現在の暮らしに満足しているかどうかを聞いたところ、「非常に満足」(2.7%)、「まあ満足」(70.3%)をあわせた73.0%が「満足」と回答しました。全体の7割がいまのシニアライフに満足しているという結果が明らかになりました。

■POINT 2
健康的な生活、家族や友人とのつながりには7割以上の満足度。金銭的な備えや地域活動には半数以上が不満足。
主なライフシーンに分けて聞いたところ、「健康的な生活ができている」(74.4%)、「夫婦、家族関係が充実している」(77.3%)、「友人などの人とのつながり」(78.0%)、「趣味があり、時間を有意義に使っている」(75.7%)には、7割以上が、満足と回答しました。それらに比べて「預貯金などの金銭的な備え」(36.0%)、「ボランティア活動など地域活動ができている」(31.0%)は、満足度が低いことがわかりました。

■POINT 3
準備した項目は、住居、人間関係、趣味、保険が上位。それぞれ40~50代からはじめた人が約半数。
シニアライフを迎える準備として実行したことは「住宅ローンの完済など、住居の確保」(76.7%)、「夫婦、友人関係など人間関係を大切にする」(73.3%)、「趣味をつくる」(73.0%)、「ケガや病気、介護に備えて保険に加入する」(69.3%)と続きました。また、それらの準備については約半数が40~50代からはじめたことがわかりました。

■POINT 4
シニアライフのために重要と考える3ヵ条は、金銭的な備え、体力づくり、人間関係。
シニアライフを迎えるにあたり最も重要と考える項目を聞いたところ、「預貯金など金銭的な計画」(30.3%)、「体力づくりのために日頃から体を鍛える」(26.7%)、「夫婦、友人関係など人間関係を大切にする」(26.3%)が、上位3位を占めていました。これら3つが、早くから準備を心掛けたい3ヵ条と言ってよいでしょう。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング