ソフトバンク・ペイメント・サービスとの決済提携を開始

PR TIMES / 2012年6月18日 18時26分



株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行) は、ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内謙、以下SBPS)と提携し、2012年6月18日(月曜日)より、SBPSが提供する決済代行サービス「オンライン決済ASP」の新たな支払方法として、ジャパンネット銀行のインターネット決済サービス「リンク決済」の提供を開始いたします。


■「リンク決済」について
http://www.japannetbank.co.jp/service/payment/link/index.html

「リンク決済」は、ジャパンネット銀行口座をお持ちのお客さまがご利用いただけるオンライン決済サービスです。提携先サイトの決済ページとジャパンネット銀行の決済専用画面をリンクさせ、シームレスな支払いを実現。即時に振り込みが完了します。専用画面には、振込先名や口座番号、振込金額などが自動表示されるため、利用者の入力負担が少なく、また、入力ミスにより振込不能となることを防止できます。

■「オンライン決済ASP」について
http://www.sbpayment.jp/asp/index.html

SBPSの「オンライン決済ASP」は、豊富な決済手段を提供する決済代行サービスです。決済に関わる煩雑な手続きや各決済機関との契約、収納代金の入金管理までトータルでサポートいたします。パソコン、携帯電話のほか、iPhone、Android搭載端末などのスマートフォンにも対応するなどマルチデバイス化を実現しており、デジタルコンテンツの課金に適したサービスをご提供します。


今後もジャパンネット銀行は、安全で利便性の高い決済サービスの提供に努めてまいります。

以上

【お客さまからのお問い合わせ先】
カスタマーセンター
http://www.japannetbank.co.jp/help/customer.html


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング