犬用カート 小型・多頭飼いの使用割合が高い?愛犬の大きさにより使用シーン・選ぶポイントに差が2割強が使用中に危険を感じた経験あり!

PR TIMES / 2014年9月25日 10時40分



T&D保険グループのペット&ファミリー少額短期保険株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:仲尾 孝)は、犬を飼っている20~80代の男女1,000人を対象に、『ペットカートの使用実態調査』(インターネット調査)を実施しました。

【調査背景】
ペットイベント会場や公園、街中でも、愛犬をペットカートに乗せて歩いている方を多く見かけるようになってきました。ペットカートは運動量が少ない愛犬や複数の愛犬との行動がしやすくなり、オーナーにとって便利なものですが、一方でペットカート使用時の事故により愛犬がケガをするケースも増えてきています。そこで今回は犬を飼っている方を対象に、ペットカートの利用実態調査を行ないました。

【調査結果サマリー】
●ペットカート使用経験者は小型犬オーナーの割合が高く、1頭飼いよりも多頭飼いの方が使用経験が多い結果に。
●ペットカートの使用動機、小型犬オーナーは「愛犬との外出」、大型犬オーナーは「高齢化」。
●ペットカートを使用しないオーナーは、ペットカートの必要性を感じない方が8割。
 大型犬は合うサイズがないことも要因に。
●ペットカート購入先はペットショップ、ホームセンターが多く、通販ではなく実店舗で購入が7割超。
 平均15,122円、約半数が5,000円~15,000円の価格帯で購入する一方、
 30,000円以上の高額商品を購入する方も約1割。
●ペットカートの購入時に重視するポイント、1位は「安定性」。
 次いで「軽量」「操作性」など利便性を求める声。大型犬オーナーは「頑丈さ」を重視。
●ペットカートの使用中のトラブル経験2割超。
「カートの重心が高く、倒れそうになった」「犬がカートから飛び出しそうになった」
「段差や坂道での扱いが難しい」などの声があがる。

【調査概要】
●調査対象 :全国の20~80代の男女(犬を飼っている方)
●有効回答数:1,000サンプル(ペットカート使用経験者:325名、ペットカート使用未経験者:675名)
●調査方法 :インターネットリサーチ
●調査期間 :2014年8月22日(金)~2014年8月25日(月)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング