多要素認証ソリューション PhoneFactor、Microsoft(R) Office 365に対応

PR TIMES / 2012年12月7日 9時41分

ADFS2.0との連携でMicrosoft Office 365に強力な多要素認証を追加。



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、 PhoneFactor Inc.(本社:米国カンザス州、以下「フォンファクター社」)が開発し、サイバネットが販売・サポートする多要素認証ソリューション「PhoneFactor(フォンファクター)」が、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Office 365(以下Office 365)」に正式対応したことをお知らせいたします。

マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」は、電子メールと予定表、会議及びファイル共有において、どこからでも安全に利用できるサービスです。場所やデバイスを選ばずに利用できることから注目を集めております。しかし、ID/パスワードが分かれば誰でも利用できてしまう可能性が高いため、不正アクセス防止にユーザー認証を強化する必要があります。

こうした背景から、企業が安心してOffice 365を利用できるよう、多要素認証ソリューションPhoneFactorはOffice 365に正式に対応いたしました。

PhoneFactorは、スマートフォンや携帯電話を使って本人認証を強化する多要素認証ソリューションです。使い方は非常に簡単です。Office 365の本人認証時に、ユーザーのスマートフォンの認証アプリへプッシュ通知もしくはセンターから自動でユーザーに電話をかけることで認証を行います。悪意のある第三者がユーザーのID/パスワードでOffice 365にログインを試みても、ユーザーのスマートフォン・携帯電話にPhoneFactorデータセンターからプッシュ通知もしくは電話がかかってくるため、なりすましに気づいたユーザーは即座に自分のアカウントをロックすると同時に、管理者に不正アクセスがあった旨を通知することができます。


PhoneFactorはクラウドベースのサービスであることに加え、ユーザーのスマートフォンや携帯電話を利用するため、大掛かりな仕組みや設備投資を必要とせず、低コストでセキュリティレベルを向上できます。

サイバネットは、オンプレミス、クラウドを問わず企業システムの認証セキュリティの強化をご検討中の企業への提案並びに、既にハードウェアトークンなどのワンタイムパスワードをご使用中の企業にPhoneFactorへの乗換を提案してまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング