SBI証券、「第18回企業電話応対コンテスト」 全部門の中から最も優秀な成績を収めた1社に贈られる「会長賞」を受賞

PR TIMES / 2014年11月19日 15時32分

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村正人、以下「当社」という。)は、公益財団法人日本電信電話ユーザ協会が主催する「第18回企業電話応対コンテスト」において、全部門の中から最も優秀な成績を収めた1社に贈られる「会長賞」を受賞いたしましたのでお知らせいたします。

 企業電話応対コンテストは、企業の日頃の電話応対をお客さまの立場で専門家が評価するコンテストで、電話応対能力の把握と向上を目的として、毎年開催されています。同コンテストでは、事前にエントリーされた事業所に専門スタッフが「仮のお客さま」として予告なしに電話をかけ、録音内容を5人の専門家が客観的に数値化(業種別に100点満点)して評価します。参加事業所は、「商業・金融」、「工業・公益」、「サービス」及び「コールセンター等電話応対専門」の4つの部門で審査を受け、全部門の中から最も優秀な成績を収めた1社に「会長賞」が、それに次ぐ成績を収めた3社に「理事長賞」が、さらに16社に「優秀賞」が贈られます。

 このたびの「第18回企業電話応対コンテスト」において、当社は合計427の参加事業所の頂点となる「会長賞」を受賞いたしました。なお、同コンテストにおける当社の入賞は4年連続の快挙となります。

 また、個人についても、埼玉県大会で優勝した当社オペレータが「第53回電話応対コンクール全国大会」(主催:公益財団法人日本電信電話ユーザ協会)に出場するなどの優秀な成績を収めており、日々、お客さま応対品質の向上に努めてきた当社のこれまでの取組みが高く評価されております。

 当社は、「コンタクトセンター・アワード2014」※1 において史上初となる4年連続の最優秀部門賞を受賞したほか、「問合せ窓口格付け」※2 において国内最高評価となる「三つ星」を5年連続で獲得するなど、このたびの「会長賞」受賞以外にも、第三者機関の表彰制度で高い評価を受けております。

 当社は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を実現するべく、より一層のサービス向上と改善に努め、個人投資家の皆さまの投資活動を支援してまいります。

※1 「コンタクトセンター・アワード」は、企業がコンタクトセンター(コールセンター)の運営上の課題に対して行った活動及び成果を発表し、審査員による審査及び参加企業による相互審査を経て、優れた取組みを決定する表彰制度です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング