引っ越しシーズン到来! “働くママ”の理想の住まい選びを調査 専門家・牛窪 恵氏に学ぶ、住まいを取り巻く環境の重要性 キーワードは…、“職住近接”“コミュニティ”“周辺施設”“共有設備”

PR TIMES / 2013年2月4日 13時56分

2012年度も年度末に差し掛かり、新年度には新しい生活を迎えるという人も少なくはないでしょう。新生活を迎えるに当たり、これから迎える2月末~4月は、引っ越しの増える時期でもあります。今回、トレンド総研(東京都渋谷区)では、この引っ越しの季節に合わせて、“働くママ”にフォーカスし、「理想の住まい選び」について調べました。
はじめに、世代・トレンド評論家で、マーケティングライターの牛窪 恵氏に、「“働くママ”の住まい選び」におけるポイントや注意すべき点について取材を行いました。また、牛窪氏にアドバイスいただいた住まい選びのポイントに対して、“働くママ”がどれだけ意識できているのかを探るために、“働くママ” 500名を対象にアンケート調査を実施しました。




■ レポート内容

1.専門家・牛窪 恵氏に聞く、“働くママ”の住まい選びのポイント
2.“働くママ”500名にアンケート調査、その住まい選びの実態とは!?


■本レポートの背景

2013年2月、東京証券取引所グループは、東証1部に上場する企業の内、女性が活躍する企業を選出し、投資家に向けて「なでしこ銘柄」を発表する予定です。こうした動きに代表されるように、現在、女性の社会進出を後押しするべく様々な取り組みが行われ始めています。先進諸国との比較で、日本では、女性の社会進出の遅れを指摘する声も大きいですが、今後、働く女性は着実に増えていくでしょう。それに併せて、働く女性、働くママといったターゲットはより注目を集めていくと考えられます。こうした時代背景を受け、本レポートでは、「住まい選び」というテーマにおいて、“働くママ”がどういった点に注意すべきなのかを調べました。


■Summary

本レポートでは、「マーケティングライター・牛窪 恵氏へのインタビュー」と“働くママ”500名への調査から、「“働くママ”にとっての住まい選び」のポイントを明らかにしています。

<牛窪 恵氏へのインタビューの要点>
“働くママ”にとって、以下の4ポイントが住まい選びにおけるキーワードとなることが分かりました。
(1)職住近接:職場やターミナル駅、空港などに、住まいが近いことが重要
(2)コミュニティ:近所付き合いや、“パパ友”、“ママ友”など、コミュニティを作りやすい環境が重要
(3)周辺施設:オススメは、24時間営業、深夜営業のスーパーマーケット、保育所・幼稚園、公園、医療施設など
(4)共有設備:ごみステーションや宅配ボックスなど意外に便利な設備にも注目

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング