ショコラティエによる7ヶ月に渡る連続作品発表 プロヴァンス素材を使ったチョコレートパフェ

PR TIMES / 2012年6月13日 9時11分



今年1月銀座ショコラストリートにオープンしたジョエルデュラン銀座本店の、
看板商品は、26種類の異なる風味を纏った「アルファベットボンボンショコラ」。

2階に併設されているカフェでは、この名物ショコラをモチーフにしたフランスの大人パフェ「リエジョア」を楽しむことが出来る。


【7ヶ月連続でプロヴァンス素材を使ったチョコレートパフェを発表】

2階カフェでは、来る6月20日から7か月連続で
南フランス プロヴァンスの素材をふんだんに使用した新作パフェを発表する。

店舗も工房も自宅も、すべてをうつしてしまったほどに
プロヴァンスを愛するジョエルデュラン。
彼がつくる商品には「プロヴァンス素材とカカオのマリアージュ」を存分に
感じられるものばかりだ。

今回は「ショコラA(ブラックショコラ)」と「ショコラO(オレンジショコラ)」を
イメージした既存の2種類にプラスして、毎月1種類ずつ異なるイメージフレーバーのリエジョアを発表する。

ショコラティエ ジョエルデュランはフランス国内で最も権威のあるショコラ愛好会「クラブデクロクールドショコラ」にて史上最年少の若さで認められた奇才である。

彼のアイディアが凝縮されたユニークなビジュアルや、
素材そのものの鮮やかな香り―。
ジョエルデュランが創りだす商品の魅力は、五感に訴える美しさにある。

例外なく、今回の大型プロジェクトにも彼の拘りと美学がふんだんに盛り込まれている。
時季ごとに変わる7種のリエジョアを楽しめるのは、もちろんジョエルデュラン銀座本店のみ。



【プロヴァンス本場から取り寄せた、すみれを使った香り豊かな大人パフェの完成】

連作第一弾を飾るニューフェイスは
「ショコラV」をイメージした「すみれのリエジョア」。

ジョエルデュランのアルファベットボンボンショコラは、
すみれの他にジャスミンやラベンダー(ショコラL)など
花やハーブをモチーフにした作品が豊富。


中でもジョエルデュランが香水をイメージして創作したと言われる「V」は、まるで食べる香水。
AからZの中でもひときわ華やかな芳香を放つ「V」の風味を、
ボリュームたっぷり味わって頂ける1品。


可憐な姿や優雅な香りで日本国内にもファンの多いすみれは、
実はヨーロッパでは食用に広く用いられ親しまれている。

こちらに使用されているのはマリーアントワネットやナポレオンも愛したsweet violet。
太陽の光をたっぷり浴びたプロヴァンスすみれは、
プロヴァンスを愛するジョエルデュランにとっても特別な花。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング