iPhoneやAndroid端末に対応したBeaconモジュールを単価300円で販売開始 ~ iOS7の新機能iBeaconとAndroidの両方に利用可能なソリューションを提供 ~

PR TIMES / 2013年11月11日 9時30分

アプリックスIPホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックス」)は、iOS7の新機能iBeaconやAndroid OS※からも利用可能なBeaconモジュールの販売を開始したことを発表いたします。




このたび、アプリックスが販売を開始したBeaconモジュールは、既に量産出荷が始まっているセキュリティ機能を強化し、健康機器や住宅設備等をスマートフォンに安全に繋げることができるBluetooth(R) Low Energyモジュール「Zeemote JM1-L2S」と同じ部品で作ることにより安価での提供が可能となり、大量に使用する位置情報サービスや、小売店網等での情報管理、クーポン発行やポイント付与等による商品の販促等でご利用いただけます。

アプリックスのBeaconモジュールは、単価300円で提供するモジュール単体(基板タイプ)のほか、電池交換なしで10年動作する乾電池内蔵タイプと、薄型でマグネット等で壁に貼れるボタン電池タイプを単価500円程度で提供いたします(電池の種類やケースの仕様等により値段が多少変わります)。さらに利用促進に向けて、開発者がアプリケーションやサービスの開発をすぐに始められるよう、Beaconモジュールを10個セットにした試作開発キットを10,000円で提供いたします。(提供価格はすべて消費税・送料別)。

アプリックスのBeaconモジュールは「置くだけ」・「貼るだけ」で導入することが可能です。また、導入後もスマートフォンから再設定が可能なため、フレキシビリティの高いシステムを実現できます。例えば、設置後、実際にスマートフォンから電波強度を計測して調整できるので、設置箇所の電波環境に合わせて最適に調整することが可能です。「十分近付いているのにスマートフォンがビーコンを感知しない」などのストレスを軽減できます。さらに、スマートフォンから安全・簡単にビーコン情報を書き換えることができるので、店舗内の配置換え等の際、簡単に再設定が可能です。これはアプリックスのBeaconモジュールがセキュリティ強化版Bluetooth Low Energyモジュール「Zeemote JM1-L2S」の技術を応用して開発されているため、権限設定で安全な運用が可能となりました。ユーザーのレベル毎にビーコン情報の書き換えに関する権限設定ができ、意図しないスマートフォンアプリケーションからのアクセスや、第三者によるデータの書き換えを防ぐことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング