DFSグループ主催 第1回「マスター オブ フレグランス」 がアブダビで開催 6月12日までDFSアブダビ国際空港店にて一流限定コレクションを展示

PR TIMES / 2014年4月17日 16時42分

世界最大のラグジュアリートラベルリテーラーであるDFSグループは、2014年 4月10日、アブダビにて、第1回「マスター オブ フレグランス」を開催しました。マスター オブ フレグランスは、世界に1つだけの限定品などを披露するかつてないイベントです。本イベントは、シンガポールで行われる「マスター オブ スピリッツ」、マカオで行われる「マスター オブ タイム」を含む、2014年度のDFS マスターシリーズの幕開けとなります。



 世界最大規模のトラベルリテールイベントである「マスター オブ フレグランス」では、世界中の伝説的なフレグランスメゾンや職人によるブティックブランドなど、ラグジュアリーな22ブランドから、26個の名高く垂涎の的となる作品を精選し、展示いたしました。


 会場となったマナラット・アル・サディヤット・ギャラリー(アラビア語で“啓発する場所”を意味する)には、ディオール、ゲラン、アムアージュ、ブルガリ、サルヴァトーレ フェラガモなどを始めとする世界的に有名なブランドによる、ユニークで他では手に入らないフレグランスが展示されました。ゲランからは、計14カラットのダイヤモンドとロッククリスタルを蜂の形にした、プラチナボトルのLE SECRET DE LA REINE、ブルガリからは、イタリアを代表するムラノ・ガラス工房のヴィニーニのコラボレーションにより、ダイヤモンドやシトリン、アメジストをあしらったOpera Primaが展示されました。


 ガライベントには、クウェートの王族であり、フレグランスブランドであるフレグランスキッチンの創設者でもあるシーク・マハッド・アルサバー氏、アブダビエアポーツのチーフコマーシャルオフィサーのモハマド・アル・ブルーキ氏をはじめ、国内外から多くの著名人が集まりました。

 ゲストたちは、香水のエキスパートであるマイケル・エドワーズ氏とゲランがパートナーシップを組んだ香りのワークショップ、アントワープ在住のフローリストであるマーク・コッレによるオリジナルデモンストレーション、アジマル、ボンド・ナンバーナイン、ザ ディファレントカンパニー、ディオール、ゲランによるオーダーメイドコーナーなどを楽しみました。

 ガライベント後、マスター オブ フレグランスはアブダビ国際空港第1ターミナルに場所を移し、6月12日まで展示され、各国からの旅行者の方々に、一流限定コレクションをご購入いただく機会を提供します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング