Baidu, Inc. 2014年第2四半期の業績を発表

PR TIMES / 2014年7月25日 14時31分

2014年7月24(木) 日本時間 - Baidu, Inc.(本社:中華人民共和国北京市、Baidu会長兼CEO:Robin Li、米NASDAQ:BAIDU、以下Baidu)は、2014年第2四半期の業績を発表致しましたので、お知らせ致します。



本リリースは、2014年7月24日(木)、Baidu, Inc.が発表したリリースの抄訳です。

詳しい情報は Baidu, Inc.プレスリリース(英語版) をご覧下さい。
http://ir.baidu.com/phoenix.zhtml?c=188488&p=irol-newsArticle&ID=1951199&highlight=


■業績ハイライト

2014年第2四半期

今回の業績について、Baidu, Inc.会長兼CEO Robin Li は次のようにコメントしました。


「我々はモバイル領域で勢いを加速し続けたことにより、素晴らしい四半期と迎えることができました。モバイルリーダーとして、“モバイル検索”、“モバイル地図”、“アプリのディストリビューション”などでモバイルの収益は今期初めて当社の総売上高の30%に貢献した。

我々は、Deep Learningのような先進技術への投資を深めました。そしてそれはユーザーエクスペリエンスと顧客のROI周りに存すでに存在しており、長い期間で変化を引き起こすことになるでしょう。

Baiduは“人々をサービスで繋げる”に引き続きフォーカスし、この使命を果たすために私たちの膨大なトラフィックリソースや製品ラインナップ、世界クラスの技術を活用していきます。ユーザーが情報やコンテンツ、サービスを探している際に、バイドゥはシームレスにユーザー満足度を高めるサービスを提供して行きます。」

また、Baidu, Inc.のCFOであるJennifer Liは次のようにコメントしました。

「第2四半期では、我々のトップラインであるモバイルが売上にとって不可欠なパートとして確実に成長過程の軌道に乗りました。私達は市場でのリーダーシップを深め、当社の長期的なビジョンを達成するために、製品や技術に投資していきます。」

Baidu, Inc. について
Baidu, Incは有数のインターネット検索プロバイダーで、テクノロジーベースのメディアカンパニーです。Baiduは、人々がオンラインのあらゆる情報を探すための最良かつ最も公平な方法を提供することを目指しています。さらに、個人のインターネット検索ユーザーに加え、企業が潜在顧客にリーチするための有効なプラットフォームを提供します。

Baidu公式サイト: http://www.baidu.com/

バイドゥ株式会社について
世界の検索市場において第2位のシェアを有しており、米国NASDAQへ上場しているBaidu,Inc(本社:中国北京市、代表者:Robin Li)の日本法人です。2008年1月に日本市場向け検索サービス「Baidu.jp」をリリース以降、2009年12月に「Baidu Type(ベータ版)」(2011年3月に「Baidu IME』と改称)をリリース、2011年12月よりAndroidアプリ、日本語入力キーボード「Simeji」など新サービスを次々に公開しています。

バイドゥ公式サイト: http://www.baidu.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング