手作り料理コミュニティ「ペコリ」が「お料理総研」を設立  第1弾リサーチ、料理に関する実態調査を実施 ~料理写真のソーシャルメディア投稿率は約7割に~

PR TIMES / 2014年9月25日 15時40分

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)は、コミュニティ事業本部が運営する手作り料理コミュニティ「ペコリ」において、主婦を中心とした「料理」にまつわる実態調査やレシピのアイディアなどを集めて発信する、「お料理総研」を2014年9月25日(木)に設立いたします。

「ペコリ」は、月間約13.5万件が投稿される日本最大級の手作り料理コミュニティです。この度設立する「お料理総研」では、日々料理を作る主婦を中心に、「料理」にまつわる声や、レシピのアイディアなどを集めて発信するほか、「料理」をテーマとした意識・実態調査を行い、より楽しく充実したお料理ライフを応援してまいります。

「お料理総研」は、第1弾リサーチとして、男女824名を対象とした「料理に関する意識・実態調査」を次の通り発表いたします。




■毎日の「料理」にかける時間、専業主婦は「61~90分」、有職主婦は「46~60分」
「1日あたり、どれくらい料理に時間をつかっていますか?」という質問に対して、専業主婦と有職主婦では異なる結果になりました。専業主婦では「61~90分」(35%)が最も多かった一方で、有職主婦では「46~60分」が30%でトップになったほか、さらに短い「31~45分」も24%にのぼりました。有職主婦は、料理における「時短」に対する意識がより高い様子がうかがえます。

続いて、「昼食(お弁当含む)および夕食にかける平均金額」については、昼食では「500円未満」(68%)、夕食では「500~999円」(46%)がそれぞれ最多となり、この質問においては、専業主婦・有職主婦ともに同じ結果となり、主婦たちの1つの指標になっていると言えそうです。


■作った料理の写真、約7割がソーシャルメディアに投稿
また、「作った料理の写真を、ブログや写真共有サイトなどのソーシャルメディアに投稿することはありますか?」という質問では、65%と約7割が「ある」と回答しました。その目的は、92%が「記録に残すため」、90%が「リアクションが欲しいから」と答えています(複数回答可能)。せっかく料理を作るのであれば、「作って終わり」ではなく、記録をつけたり、リアクションを得るきっかけにしたいという人が多いようです。


■料理を褒めてほしい相手、1位は「夫」、2位は「子ども」
さらに、「作った料理を褒めて欲しいと思いますか?」という質問では、94%とほとんどが「そう思う」と回答し、「誰に褒めてもらうのが嬉しいですか?」に対しては、「夫」が55%、「子ども」が47%という結果になりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング