特急ロマンスカーの海老名駅、伊勢原駅への停車について

PR TIMES / 2015年8月29日 10時51分

 小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:山木 利満)は、2016年3月に実施予定のダイヤ改正から、小田急小田原線海老名駅および伊勢原駅を特急ロマンスカーの停車駅とすることといたしました。海老名駅は日中時間帯を中心に上下それぞれ1時間に1本程度、伊勢原駅は朝方下りおよび午後の上りに数本の停車を予定しています。

 海老名駅は、当社線を含め3路線が乗り入れする神奈川県央地域のターミナル駅であり、近年の圏央道開通や駅周辺地域の開発の進捗により地域の魅力が著しく向上し、今後は当社による海老名駅間地区の開発なども控えております。特急停車によるさらなる交通利便性の向上により、地域の発展に寄与してまいります。

 伊勢原駅については、神奈川県の「新たな観光の核づくり構想」地域に認定されている「国際観光地・大山地域(神奈川県伊勢原市・秦野市・厚木市)」の最寄り駅であり、本年10月には大山ケーブルカーの新型車両が運行を開始するなど、観光地としての魅力向上を進めております。また、ミシュラン社が発行した旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂第4版(フランス語)では、「大山」が一つ星として、「大山阿夫利神社からの眺望」が二つ星として紹介されております。特急停車により国内外からの観光利用客の獲得を進めてまいります。

 当社では、鉄道事業を中心とした運輸業と不動産業が連携し、駅周辺の整備、再開発、交通ネットワークの拡充により、お客さまの暮らしやすさの向上に寄与するとともに、新規利用客の誘引を図ってまいります。

 なお、停車本数や特急料金、詳細なダイヤ等の具体的な実施内容につきましては、ダイヤ改正のニュースリリース(12月発行予定)においてご報告いたします。

※ダイヤ改正時期およびニュースリリース時期は、変更となる場合があります。

以 上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング