寺田倉庫のクラウドストレージサービス「minikura」のAPIが特許取得

PR TIMES / 2016年5月12日 13時28分

~APIを複数の他者に提供できる仕組みが認定~

寺田倉庫(東京都品川区 代表取締役:中野 善壽)は、クラウドストレージサービス「minikura」における、独自の「保管依頼品寄託方法及び寄託システム」のAPIを複数の他者に提供できる仕組みに関する特許を4月15日に取得いたしました。



本特許は、利用者が保管依頼した個品の画像情報等をいつでも確認や取り出し要求ができ、料金体系もシンプルな保管依頼品寄託方法を複数の他者に提供できるようにする仕組みに対するものです。2014年7月に取得した特許第5578581号に続き、「minikura」として2つ目の特許となります。概要については、以下をご参照ください。このminikura APIを活用し、多くの事業パートナーと提携して、今年度取り扱い数量2000万点を目指します。
[画像1: http://prtimes.jp/i/14158/36/resize/d14158-36-657025-1.jpg ]

<特許の概要>
特許番号 :特許第5919351号
特許取得日:2016年4月15日
特許の名称:保管依頼品寄託方法及び寄託システム
特許の内容:利用者が保管依頼した個品の画像情報を含む詳細情報をいつでも視覚的に確認でき、いつでも取り
出し要求でき、料金体系もシンプルな保管依頼品寄託方法を複数の他者に提供できるようにする仕組み
※「minikura」としては2つ目(前回取得:2014年7月 特許第5578581号)

【minikura について】 https://minikura.com/
寺田倉庫が提供する「minikura」は保管とWEBが融合した業界初のお預かりサービスです。専用ダンボールにモノを詰めて送るだけ。預入送料は無料です。預けたモノは、専⾨スタッフが丁寧に1点1点写真撮影するので、WEB上で⼿軽に管理し、画像を⾒ることが可能となっています。⾐類などはオプションサービスでクリーニングを頼むことができ、ヤフオク!への出品やコミュニティサイトへの投稿も簡単にできます。また「minikura」の機能を切り出したシステム(minikura API)も様々な企業に提供しています。さらに、スタートアップ企業の事業支援を積極的に行っており、株式会社エアークローゼット、株式会社VONOVO、ART STAND株式会社、株式会社サマリーに出資を行っています。

[画像2: http://prtimes.jp/i/14158/36/resize/d14158-36-302412-2.jpg ]

社 名:寺田倉庫(Warehouse TERRADA)
事業内容:保管保存業
代 表 者:代表取締役 中野 善壽
所 在 地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設 立:1950年10月
U R L:http://www.terrada.co.jp/ja/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング