1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アルファクス・フード・システム「天然温泉 極楽湯」にセルフレジを納入

PR TIMES / 2021年3月22日 12時45分

ロボットだけじゃない!お客様の会計待ち解消・お客様利便性向上を徹底追求した「セルフレジ」天然温泉極楽湯へ

株式会社アルファクス・フード・システム(本社:山口県山陽小野田市、代表取締役社長 田村 隆盛 「以下AFS社という」)は、「すべての飲食業態に対応する・あらゆるお客様の会計シーンに対応するセルフレジ」をテーマに、前会計、後会計、混在会計、券売機会計、セミセルフ会計、非接触スマホチャージ会計、カード型チャージ会計、通常会計と、8つの会計スタイルを1台の機種で選択できる「セルフショット」を開発。セルフレジ「セルフショット」を店舗数日本一の「極楽湯」及び「RAKU SPA」を展開される株式会社 極楽湯(極楽湯ホールディングス(JASDAQ上場:2340)100%出資子会社)に納品したと発表。
入替え後の稼働は順調で、株式会社極楽湯の入替スケジュールに沿って更に導入店舗が増えていくと見込んでいるという。 
AFS社は、2020年6月に居酒屋やファミリーレストランでも完全前会計ができるチャージ会計処理技術で特許を取得している



■極楽湯の紹介
株式会社極楽湯は、日本国内外にスーパー銭湯の「極楽湯」「RAKU SPA」を52店舗(2021年3月時点)展開(うち中華人民共和国に8店舗出店)、その店舗数は同系列のスーパー銭湯と比較して最も多い店舗数だ。
また、2021年3月9日には、東京都千代田区神田にオープン(2019年3月)した“都会のオアシス”がブランドコンセプトの「RAKU SPA1010 」をモデルにアレンジした若者向け都市型モデルのニューブランド、「極楽湯1010」を中華人民共和国に展開すると発表。スローガンである「「ゆ」から世界を新しく」を実感させてくれる企業だ。
[画像: https://prtimes.jp/i/64213/36/resize/d64213-36-719594-0.png ]



■セルフレジ「セルフショット」の紹介
セルフレジは非接触・衛生面への配慮が以前にも増して必要になってきた昨今では、よく検討される機器となってきていたという。それには、業務の効率化やスタッフの負担削減などが影響していてAFS社のセルフレジ「セルフショット」は、コンパクトさと会計スタイル8種類に完全対応しており、1台の機種で8つの会計スタイルの中から店舗に応じたシステムを選択できる点や、詰りにくい釣銭部(金銭システム機器最大手のグローリー株式会社と開発(2017年12月8日に業務提携))が特徴で、発売当初から性能的に色あせておらず、進化を続けている。

■配膳ロボットや他のシステムとの連動利用も可能店舗の様々な省人力化オペレーションに対応
また、AFS社のセルフレジ「セルフショット」は、自社周辺機器とのデータ連動も考慮して開発されており、お客様注文端末(当社名:テーブルショット)、お客様スマートフォンを注文端末として利用する事や配膳ロボット等を組み合わせ、来店されたお客様の注文から配膳・下げ膳、お客様退店までのオペレーションを省人力化。また、前会計でも後会計でも利用可能なセルフレジ搭載の会計システムも開発。セルフレジ精算機「セルフショット」は、先行販売した前会計・随時会計のカフェ店で省人力化に効果を発揮しており(本来5名シフトが標準だったところ3名となっている)今後も様々な業種業態で導入効果が期待きるという。


なお、このリリースに掲載の内容は、発表時点のものです。予告なく変更されることがありますの で、あらかじめご了承ください。


◇株式会社アルファクス・フード・システム
AFS社は、1993 年の創業時より一貫して外食チェーン向けに業務基幹システム「飲食店経営管理システ
ム(R)」と勤怠集計管理システム「Timely」を主力にASP/クラウド型でトータルソリューションを提供し、大手外食チェーンを中心に導入店舗数は累計約26,000 店(約1,800 社)で利用されています。また、手作業が前提となる食材・備品発注作業を当日在庫等に考慮して完全に自動的に補充発注できる「自動発注シ
ステム」(特許取得)を開発し、世界的な食品ロス削減に向けて提供しています。


社 名:株式会社アルファクス・フード・システム(ALPHAX・FOOD・SYSTEM CO.,LTD)
東証JASDAQ 上場(証券コード 3814)
https://www.afs.co.jp/
所 在 地:山口県山陽小野田市千崎128 番地(江汐公園内)
代 表 者:代表取締役社長 田村 隆盛
事業内容:外食企業向けIT システム提供
1.ASP/クラウド型基幹業務サービス「飲⻝店経営管理システム(R)」の販売・サポート
2.システム機器の企画・販売
3.ハードウェア・ソフトウェアの全国メンテナンスサービス
4.自社製品・サービスの開発・検証を兼ねたホテル・レストランの運営

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング