Interbrand“Best Global Green Brands 2012” Toyota 2年連続世界No.1 Nissan, H&M, UBS初のランクイン

PR TIMES / 2012年6月26日 17時30分



2012年6月26日、Interbrand London
世界的なブランドコンサルティング会社であるインターブランドは、昨年に引き続き、優れた“グリーンブランド”のグローバルランキング、“Best Global Green Brands 2012” を公表します。
本ランキングは、「環境パーセプション(=生活者にどう認識されているか)」と「環境パフォーマンス(=企業が実施する活動)」の双方が両立していることが「優れた“グリーンブランド”の条件」と定義し、両者のインプットデータに基づきそのバランスを評価した「グリーンブランドスコア」を算出、その中で優れたグローバル・グリーンブランドのTOP50をランキングしたものです。
調査対象は、グローバルな観点から環境に対して影響力が大きいと考えられるインターブランドの“Best Global Brands 2011”にランクインしたコーポレートブランドとしており、第1位にToyota 、第2位 Johnson & Johnson、そして第3位に Hondaがランクインし、Danone(9位)、Ford(15位)、Starbucks(36位)、UPS(43位)が大幅にランクアップしています。
インターブランドのグローバルCEOジェズ・フランプトンは、「サステイナビリティは、各企業が戦略的に取り組むべきものです。企業による実際の環境活動の内容と生活者のグリーンイメージが一致していることが望ましく、そのかい離は、経営の資産であるブランド価値を損なうことにつながります。」と、企業が積極的且つ有益な環境活動に取り組み、その環境活動に基づいた環境コミュニケーションを図ることの重要性を述べています。
本ランキングにおける「環境パフォーマンス」の評価を行ったDeloitteのデイビッド・ピアーソン氏(Global Sustainability Leader)は、「サステイナビリティは、コスト管理や利益、ブランド価値のように企業の成長のために欠かせない要素の一つです。環境に対する企業活動の実体と生活者の認知のギャップを埋めていくことで、持続可能な社会の発展に貢献することになります。」と述べています。
当ランキングを発表するにあたり、インターブランドは、経済規模の大きい上位10カ国(アメリカ・カナダ・日本・中国・ドイツ・フランス・イギリス・イタリア・ブラジル・インド)の生活者を対象に、企業の環境活動に対する評価がどれだけ購買意識に影響するかを調査し、環境パーセプションスコアとして分析、評価しています。また、Deloitteが公表されている情報に基づく企業の環境パフォーマンスを評価し、その評価結果は、総合スコア算出のインプットとなっています。総合スコアは、環境パーセプションスコアと環境パフォーマンススコアを統合し算出したもので、環境パフォーマンススコアは、最終のランキング作成のためにインターブランドが検討した要素の一つです。また、両スコア間のギャップは、環境パフォーマンス(環境活動の実態)と環境パーセプション(環境イメージ)のアンバランスを示しています。
<Best Global Green Brands 2012ハイライト>

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング