Beat Communication、ソーシャルエンタープライズ(社内SNS)『Beat Shuffle』のパートナープログラム制度をいよいよ開始

PR TIMES / 2013年4月2日 9時36分

販売パートナー戦略によりアベノミクスによる景気回復における社内SNS市場シェア拡大を狙う

昨今のアベノミクスによる景気回復により社内SNS販売における代理店の問い合わせも増えております。全ての企業に社内SNSの導入を目指す、株式会社Beat Communication(本社:東京都港区、代表取締役:村井 亮、以下 ビート)は、提供する次世代エンタープライズソーシャル(社内SNS)「Beat Shuffle(ビートシャッフル)」のパートナープログラムを2013年4月2日(火)より開始します。




■パートナープログラム開始の背景
ソーシャルエンタープライズ(社内SNS)は、昨今国内のみならず世界中で重要視されています。IDCの調査によれば、エンタープライズソーシャルの世界売上高は2011年の7億6,740万ドルから2016年には45億ドルと約6倍近い伸びをみせるとしています。こうした成長著しいソーシャルエンタープライズ市場(社内SNS市場)での多様化する顧客ニーズに柔軟に応えることを目的として新設いたしました。パートナーは国内の大手企業へ多数の導入実績があり、高いブランド力を誇る弊社製品を初期投資不要、販売ノルマなしでサービス展開することが可能となります。また、各種特典、支援サービス、競争優位性を最大限活用し、ビジネスチャンスの拡大につなげることができます。

■パートナープログラムの特徴
当社のパートナープログラムは製品『Beat Shuffle』の単純販売だけではなく、コンサルティングサービス、プロジェクト設計、インフラ構築、各種メンテナンスなど、パートナー企業の持つ独自の付加価値によってビジネス領域を拡大することが可能です。そうした顧客ごとのニーズに対応することで、『Beat Shuffle』を基軸として収益性を高めることができます。
※付加価値再販(VAR)を主としたビジネスモデル
詳細につきましては下記ページを参照ください。
http://beat.co.jp/contents/developer.html

■パートナーの種類
・販売パートナー
販売パートナーはサービスの販売から契約、その他付帯する業務を担当していただきます。サービスは代理店特別価格が適用されます。
・ファシリテーションパートナー
『Beat Shuffle』をご利用のお客様に対し、導入前の支援、導入後の教育、活性化支援、ユーザサポートなど各種サービスを提供していただきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング