バンタンゲームアカデミーの授業に『CRI ADX2』 CRI・ミドルウェア、ゲームスクールにプロ向けツール提供で実践型人材育成を支援

PR TIMES / 2012年7月31日 10時39分



2012年7月31日
株式会社CRI・ミドルウェア

報道関係者各位
ニュースリリース
----------------------------------------------------------------------
バンタンゲームアカデミーの授業に『CRI ADX2』
CRI・ミドルウェア、ゲームスクールにプロ向けツール提供で
実践型人材育成を支援
----------------------------------------------------------------------
株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 
古川憲司、以下CRI)は、ゲームクリエイターを育てるゲーム専門校の
バンタンゲームアカデミー(本社:東京都渋谷区、代表 長澤俊二)が
7月から開講するサウンドクリエイター専攻の授業向けに、CRIの
ゲームサウンド制作用オーディオミドルウェア『CRI ADX(TM)2』
(以下『ADX2』)を提供致します。
即戦力となる人材を育てるために、プロの開発環境を取り入れた実践的な
授業を行いたいというゲームスクールからの強い要請に応え、
CRIは開発環境を提供するとともに、優秀なクリエイターの育成を支援します。

『ADX2』は、ゲーム開発におけるサウンド制作を上流から下流までカバーする、
オール・イン・ワン型のオーディオソリューションです。
オーディオミドルウェアのデファクトとして、全世界で2,400を超える
タイトルへの採用実績があります(2012年7月現在)。
特に、『ADX2』のサウンドオーサリングツールは、DAWレベルの使いやすい
インターフェースと、ゲームの状況に合わせたインタラクティブなサウンドが
手軽に実現できる操作性で、サウンド制作の現場から高い評価をいただいています。

近年の家庭用ゲーム機の飛躍的な性能向上や、ゲーム機に匹敵する性能を持つ
スマートフォンの登場で、ゲームの表現の幅は大きく広がっています。
それに伴い開発技術や手法も数年前に比べて大きく変化する中で、効率的かつ
効果的な開発環境を提供するゲームエンジンやオーサリングツール、
ミドルウェアが登場・普及し、ゲーム開発で積極的に活用されるようになりました。
例えばサウンド分野においては、同時に10~100のサウンド素材を重ね合わせ
て臨場感を高める手法や、ゲーム状況に合わせて楽曲がリアルタイムに
変化するBGMの実現のために、『ADX2』のようなミドルウェアが必要とされています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング