部屋にニオイがこもりがちな冬 体のニオイに関する実態調査を実施 気になるニオイ「口臭」がNo.1に

PR TIMES / 2012年2月1日 11時51分



義歯ケア用品「ポリデント(R)」」を販売するグラクソ・スミスクライン株式会社(本社:東京都渋谷区 以下、GSK)では、体のニオイに関する実態調査を2012年1月20日から23日にかけて実施しました。
以下が調査結果の概要となります。

調査目的:
日常生活におけるニオイに関して、どの程度の予防、対策がなされているかを調査することで、人々の体のニオイに対する行動実態の把握を行うことを目的として実施。

調査方法:
インターネット上で調査を実施。
20歳以上の男女600人(20代、30代、40代、50代、60代、70代以上の6世代)
各世代で、「詰め物・入れ歯・ブリッジ・インプラントをしている人」とそれ以外の人を半数ずつ含む。
調査期間:2012年1月20日~23日
※調査結果は四捨五入して算出しているため、結果が100%にならない場合があります。
※本調査の詳しい調査データに関しては下記のPR事務局までお問い合わせください。

調査結果の概要:
・体のニオイの中で、「口臭」を気にする人が圧倒的多数
「自分が最も気にしているニオイ」、「他人の最も気になるニオイ」、いずれも「口臭」が他の体のニオイを圧倒しました。

・口臭が最も気になるシーンは、「友人との会話中」
日常生活において、最も他人の口臭が気になったシーンは、「友人との会話中」でした。ニオイがこもりがちな「電車・バスの車内」よりも「(口臭が)気になったことがある」人が多い結果となっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング