NXPセミコンダクターズ社製ICチップ「I・CODE SLIX」を搭載したICタグ標準規格品を発売

PR TIMES / 2012年3月30日 11時13分



 リンテック(本社:東京都板橋区 代表取締役社長:大内昭彦)では、このたびNXPセミコンダクターズ社(オランダ)製ICチップ「I・CODE SLIX」を搭載した粘着ラベルタイプICタグ「Britem(ブライテム) TS-L 102ZP」を標準規格品として新たにラインアップし、4月1日から全国発売することにしました。
 
【新しいICチップを搭載した標準規格品をラインアップ】
 
 NXPセミコンダクターズ社がRFID用途に開発し、販売している「I・CODE SLIX」は、従来の「I・CODE SLI」と比べて、交信範囲が最大で約20%拡大。また、ICデータ保持期間もデータ書き込み後50年と5倍に延長した、新たな高機能ICチップです。

 今後、RFID市場の中で「I・CODE SLIX」が主軸として展開されていくととらえ、このたびリンテックでも同チップを搭載した粘着ラベルタイプICタグを標準規格品として発売することにしました。
 
【標準規格品に加え、オーダーメードICタグの開発・提案にも注力】

 今回発売する粘着ラベルタイプICタグ「TS-L 102ZP」は、「TS-L 102CC」の後継アイテム。新たなICチップを搭載することで、従来品と同等の交信性能を維持しながらも、タグサイズの小型化を実現しました。

 当社では今後、こうした標準規格品の販売とともに、回路基板の設計から、ICチップの実装、タグ加工までを自社内で一貫して行える強みを生かして、信頼性の高いオーダーメードICタグの開発・提案にもこれまで以上に注力し、お客様の幅広いニーズにおこたえしていく考えです。
  
【製品概要】

■製品仕様 
  
 タグサイズ      W50mm×L20mm
 交信周波数      13.56MHz
 準拠規格       ISO/IEC15693 ISO18000-3 mode1
 搭載ICチップ     I・CODE SLIX
 ICメモリ種類     EEPROM 128Bytes(ユーザーエリア:112Bytes)
 ICデータ保持期間   データ書き込み後50年
 ICデータ書き換え回数 各アドレスごと10万回
  
■販売開始日
 
 2012年4月1日
 
 
■製品に関するお問い合わせ
 
 リンテック株式会社 アドバンストマテリアルズ事業部門
 〒112-0004 東京都文京区後楽2-1-2 興和飯田橋ビル
 TEL.(03)3868-7737 FAX.(03)3868-7726
  http://www.lintec.co.jp/

■リリース内容に関するお問い合わせ
 
 リンテック株式会社 広報・IR室
 〒173-0001 東京都板橋区本町23-23
 TEL.(03)5248-7741 FAX.(03)5248-7754
 
■会社概要

 社 名:リンテック株式会社
 本 社:〒173-0001 東京都板橋区本町23-23
 設立年月日:1934年10月15日
 資本金:23,201百万円
 証券コード:7966(東証1部)
 URL: http://www.lintec.co.jp/
 
 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング